今週の外で楽しむゲー

あなたの手腕で『らき☆すた』のキャラをネットアイドルに!

2010.03.08 MON


最初に育成できるのは泉こなただけ。しかし、こなた編をクリアすることで、ほかのキャラも育成できるようになる。最終的に登場するキャラは20人を超えるので、やりごたえも十分! (C)美水かがみ/角川書店
説明しよう! 本作は…、と最初からあふれるほどの愛で『らき☆すた ネットアイドル・マイスター』について語りたいところだが、『らき☆すた』を知らない方のために、まずは元となる作品について紹介しよう。

『らき☆すた』は、2004年に美少女ゲーム雑誌『コンプティーク』(角川書店)で連載が始まった4コママンガ。アニメやゲームが好きなオタク女子高生・泉こなたを中心としたゆる~い学園生活が描かれており、2007年にはアニメ化を実現。かわいらしいキャラクターとゆるく軽快なストーリーで絶大な人気を獲得し、ゲームやドラマCD、ラジオなど、様々なメディアミックスを展開している。また、本作の舞台のひとつである埼玉県の鷲宮神社には多くのファンが集まり、“聖地巡礼”と称する参拝客が急増。その人気にあやかり、なんと現在も町では『らき☆すた』をフィーチャーした地域振興に取り組んでいる。

そんな多大な影響力を持つ『らき☆すた』のゲーム化第4弾が、『らき☆すた ネットアイドル・マイスター』だ。当ゲームは、プレイヤーがネットアイドルを育成するマネージャーとなり、『らき☆すた』の登場キャラたちを一流のアイドルに育てるシミュレーションゲーム。ボイストレーニングやダンスレッスンなど、簡単なボタン操作で楽しめるミニゲームをクリアしてキャラを育成し、最終的にはクイズ形式で行われるオーディションに合格するのが目的だ。ゲームを進めていけば、制服や巫女などの衣装に自由に着せ替えできたり、原作とは異なるシチュエーションのミニドラマなども楽しめる。名作アニメやコミックへのオマージュも満載なので、原作のゆる~いオタクな空気を十分に堪能できるだろう。

ちなみに当然ではあるが、本作は『らき☆すた』自体を知らなければ十分には楽しめない。アニメ・マンガなどのサブカルチャーに興味のある方は、今からでも『らき☆すた』の原作を楽しむとともに、本作もプレイしてみてほしい。
(長戸勲)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト