今週は“男のスマートさを学べる映画”

自制した男の姿を描く、濃厚な大人のラブストーリー

2010.03.09 TUE


撮影はカーワイ作品ではおなじみのクリストファー・ドイル。手持ちのズームカメラ撮影が有名で、非常にスタイリッシュな映像を作る名手。今回も光と影を巧みに使い、この重厚な作品の品質に一役買ってます。特にマギー・チャンが着る数々のチャイナドレスをとても美しく撮っており、これだけでも一見の価値ありと思わせてくれます (illustration=micci)
流行の服に洗練された会話。もちろんこれはモテる男のひとつの条件だけど、これだけでは男の価値は決められない。どんな状況になっても大人の対応が出来る器の大きさ、これが本物のモテる男の証だ。今回紹介する『花様年華』は、その男の“器”を教えてくれる。

1962年の香港、同じ日にアパートの隣同士に引っ越してきたチャウとチャン夫人は、お互いの配偶者が不倫関係にあるのを知る。それ以来頻繁に密会するようになり、ふたりは惹かれ合うがしだいに気詰まりな空気が漂い、まもなくチャウはシンガポールに旅立つ。月日が経ち、仕事で香港を訪れたチャウは当時住んでいたアパートに淡い期待を抱いて向かうが…。

ゆっくりと舞う煙草の煙や鮮やかなチャイナドレスが重厚なムードを漂わせる中、この男女の切ない恋は描かれる。そして、困惑する夫人の気持ちを察して自分の思いを胸にしまい、多くを語らずにそっと身を引くチャウ。最後の一線は守りたいと思う夫人に対してキスはおろか、最後まで指一本触れはせずに…。このチャンの態度は、寝る事ばかりを急ぐ軽薄な男とは違い、しっかり芯のある大人の男として描かれており、あなたの目の最高に格好よく映るだろう。

ホワイトデーも近づき悲喜こもごもあれど、この大人の恋愛映画で本物の男の“器”を学んでみてはどうだろうか?
(micci)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト