オトコを磨く夜遊びのススメ

第2回 都心を見下ろす「天空の図書館」を探訪

2010.03.11 THU

オトコを磨く夜遊びのススメ


【今回の夜遊びスポット】「アカデミーヒルズ六本木ライブラリー」毎日朝7時~深夜24時まで開館。会費は月額9450円、1日体験利用できるワンデーチケットもあり(2000円/平日のみ)。東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー49F/TEL.03-6406-6650 http://www.academyhills.com/library/

ヒルズ上層にある「知のサロン」に潜入してみた



毎日慌ただしく仕事に追われていると、世間の話題にうとくなるもの。気になるニュースをネットで拾うのが精一杯で、話題の本を最後に読んだのなんてはるか昔…。気づけば、いつしか知性の足りない男になっちゃっているような?

とはいえ、仕事帰りの時間じゃ書店も図書館もほとんど閉まってるし、そもそも何を読めばいいかもあやふや。そこで寄り道したくなったのが、六本木ヒルズの49階にある「六本木ライブラリー」。なんでも深夜24時まで空いている会員制の図書館で、好奇心旺盛なビジネスマンが集う「知のフィットネスクラブ」のような場所だとか。

森タワーの未来的なエントランスを通り抜け、たどり着いたのは小さな美術館のような空間。小洒落たインテリアでまとめられた静かな室内には、読書に集中できそうなソファやデスクがゆったりと並べられている。背の高い書架にセンスよく並べられている書籍は、ビジネス書を中心としつつもジャンルがバラバラで不思議な感じだ。

「当館の蔵書は1万7000冊と決して多くありませんが、ビジネスパーソンが常に新しい知識に触れることができるように、最新の良書や話題の本だけをセレクトして毎月どんどん入れ替えているんです。また著名人の本棚をリアルタイムに再現する書棚があったりと、特定のジャンルにとらわれずに知識を広げていけるように分類を工夫しています」

とは、同館を運営しているアカデミーヒルズの深町友子さん。 「メンバーは30代前後の方が中心で、お勤め帰りに資格試験の勉強をしている方や、オフィス代わりに使用されているノマドワーカーの方も多いです。もちろん、キレイな夜景を眺めながらコーヒーを飲んだり、気になった本をパラパラめくって、ゆっくり過ごされるだけの方もいらっしゃいますよ」

確かに、広い壁一面の窓からはきらびやかな六本木の夜景と東京タワーが間近に見下ろせるし、併設のカフェにはアルコール類もそろっている。読書うんぬん以前に、「自宅と職場の中間点」としてこんな空間が365日自由に使えたら、極めて贅沢な気分になれそう。

ちなみに、メンバー同士が共通の趣味やテーマで集うコミュニティ活動も行われており、まったく新しい人間関係を広げられるリアルSNS的なスペースとして活用している人も多いとか。「知」をキーワードに人々が集うサロンのような図書館。ぼんやり通うだけでも、緩んでるアタマに新しい刺激がビシビシ入ってくるかも? あなたのお気に入りの寄り道スポットを教えてください。右下の投稿ボタンから投稿ください。

オトコを磨く夜遊びのススメの記事一覧はこちら

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト