今週は“スポーツの興奮を体感できる映画”

W杯を超える興奮を映画で!

2010.03.19 FRI


ブルース・リーへのオマージュの数々も上手に盛り込まれている。近年、低迷していると言われている香港映画だが、その底力を感じる傑作
バンクーバー五輪が終わり、次の関心事はJリーグ開幕? プロ野球開幕? それともサッカー・ワールドカップ? 盛り上がるだけ盛り上がったスポーツへの関心を絶やさないよう、映画でスポーツ観戦してみてはどうだろう。そこで、スポーツコメディの名作『少林サッカー』を観てほしい。

八百長試合でサッカー業界を追放されたファンは、ある日少林寺拳法の達人シンに出会う。ファンはシンの武術をサッカーに応用することを思いつき、強烈な破壊力を持ったキックを見出す。ファンはシンをはじめとする少林寺拳法の使い手でサッカーチームを作り、全国大会制覇を目指すのだが……。

CGを駆使した少林寺拳法×サッカーシーンは、マンガのようなアクションの数々で爆笑間違いなし。だが、笑いだけではないのが、この作品のスゴイところ。こんなのありえない! というようなシーンが続出するが、ラストはシンのチームを熱っぽく応援してしまう自分に気づかされる。チームの団結、結束、サッカーと少林寺拳法への熱い愛など、スポーツの本質をとらえたストーリー展開は、まさにスポーツ映画の真骨頂。そこにコミカルでダイナミックなアクションシーンがふんだんに織り込まれたことで、生のスポーツ観戦以上の興奮と感動が味わえるはずだ。
(よしひろまさみち)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト