オトコを磨く夜遊びのススメ

第4回 中1並みの英語力で、英語カフェを探訪

2010.03.25 THU

オトコを磨く夜遊びのススメ


【今回の夜遊びスポット】ホストの国籍は欧州からアジアまで様々。フランス語やロシア語など、英語以外の言語で会話することもできる。初級者向けの「ビギナーズテーブル」は予約制。 「Leafcup Tokyo」 東京都千代田区飯田橋4-2-6-4F/TEL.03-5856-7587 http://www.leafcup.com/

外国人といきなりフリートークってできるの?



英語はデキるビジネスマンの必須スキルなんて、昔からよく聞く話。普段の仕事にはさほど関係ないんだけど、やっぱり英語ってしゃべれた方が得するんじゃないの? 人生でっかく変わるんじゃないの? なんて漠然と考えている人、結構多いのでは。

そんなハンパな英語克服願望を叶えてくれそうな寄り道スポットが、最近都心に増えている「英語カフェ」。ホスト外国人たちとお茶をしながらフリーな会話ができる店のことで、1時間1000円前後の低料金と、好きな時にフラリと立ち寄って英語に触れられる気軽さが売りなんだとか。

はたして、中1の時点で落ちこぼれた僕の英語力が、フリートークでどれだけ通用するんだろうか? 不安を抱きつつ、飯田橋にある「Leafcup Tokyo」に突入してみた。

店内は、穏やかな家庭のリビングといったくつろぎムード。ハーブティを片手にソファに身を沈めると、ホストの一人であるBUAさん(タイ出身)がニコニコと話しかけてくれた。「Hi, nice to meet you」。テーブルについたら日本語禁止のルールに従って、必死に英語で対話を試みる。「ま、まいねーむいずタクマ」。「How old are you?」。「さーてぃん。違う、さーてぃ!」 こんなみじめな大人にも、簡単な単語を選んで、根気よくゆっくり話してくれるBUAさん。話してわかったことは、彼女は「21歳の大学生」で「交換留学で日本に来て」いて、「子供のころ読んだ漫画で日本好きになった」などなど。わずか20分ほどながらワリと会話っぽくなったのは、ほとんど彼女のリードのおかげ。でも、意外に通じる部分もある! とやや自信になったかも?

「例えばスポーツは、競技のルールだけ覚えてもダメで、実際に体を動かして練習するから上達しますよね。英語も同じで、文法というルールだけじゃ会話はできない。最初は手ぶりでも、絵を描いてでもいいから、コミュニケーションをはじめることが練習なんですよ。単語力や文法は、必要に応じて後から積んでいけばいいんです」とは同店のコーディネーター、戸塚弘太さん。

正確さや上手さより、話すこと自体に興味を持つことで、自然と英語を吸収する意欲がわいてくるんだとか。同店の利用者の多くが、ビジネス目的よりもプライベートの広がりを求めてやってくる、というのも納得。

まずは外国人と話すこと、英語を口にすることに慣れるだけでも、妙なコンプレックスからは解放されそう。英語に自信がない人こそ、当たって砕けろ式に突撃してみてもいいのでは? あなたのお気に入りの寄り道スポットを教えてください。右下の投稿ボタンから投稿ください。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト