よく商店街の人たちと雑談をしています。私は“地域密着型”なので(笑)

満島ひかり

2010.04.01 THU

今週の彼女

1985年11月30日生まれ。沖縄県出身。ダンスボーカルユニット「Folder5」を経て、女優に転身。09年に映画『愛のむきだし』や『クヒオ大佐』、『プライド』で数々の映画賞を受賞。主演作の『カケラ』(4月3日)、『川の底からこんにちは』(5月1日)がそれぞれ公開間近。
09年に映画『愛のむきだし』などで数々の新人賞を獲得し、4月3日公開の『カケラ』でも主演を務める女優の満島ひかりちゃん。映画界の大注目株です。

─ 映画やドラマに引っ張りだこですが、演じ分けるのは大変じゃない?

「役によって使う筋肉が違うのか、異なる役を演じると体のあちこちが痛くなるんです。気持ちの切り替えも難しいかな」

─ 撮影前によくダッシュするとか?

「お芝居が好きで、撮影現場に入るとドキドキして気分が高まりすぎちゃうんですよ。それをなだめるために走ります。現場ではかなりの不審者です(笑)」

─ 今回の演技はどうでした?

「この『カケラ』では、監督が演技の指示をしてくれなかったんですよ。だから、どう演じていいのか不安だらけでした。監督いわく、悩み多き主人公を演じさせるための狙いだったそうですが…」

─ 恋人との関係や自分の気持ちに思い悩む役柄ですが…実際の恋愛では?

「恋人の世話を焼きたいタイプですね。4人兄弟の長女なので…。恋をすると自分のことは後まわしになる。かわいく着飾ることとか、全然しなくなります」

─ 休みの日は何をしてる?

「掃除したり料理したり、フツーな感じです。あとは、近所で買い物をしたり。よく商店街の人たちと雑談をしています。私は“地域密着型”なので(笑)」

─ それは素晴らしい心がけですね!

「まくらやカーテンの洗い方を教わったり、単価150円のおにぎりが3コで200円という謎のお店を発見したり…地域の商店街も楽しいですよ!」

山仲竜也(Q+A)=撮影photography TATSUYA YAMANAKA清田隆之(BLOCKBUSTER)=取材・文text TAKAYUKI KIYOTA

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト