もしも彼氏ができたら…お家にこもってたわいのないデートをしたいですね

近藤夏子

2010.05.06 THU

今週の彼女

大阪府在住のシンガーソングライター。17歳のころから大阪のライブハウスを拠点に本格的にライブ活動を開始。09年にインディーズアルバム『コンドウマニア4』をリリース。大きな話題を呼ぶ中、4月21日にシングル『リアルでゴメン…』で待望のメジャーデビュー。『CUTiE』などのファッション誌で読者モデルとしても活動する
どこか“チョケて” (=ふざけるといった意味の関西弁)いながら、せつなく胸に迫るリアルな歌詞。関西インディーズシーンを席捲した近藤夏子ちゃんが、超エネルギッシュにメジャーデビュー!

――せつない女心をポップに歌った『リアルでゴメン…』、インパクト大です!

「自立してそうに見えたり、強そうに見える女子ほど、心の中では頼れる相手に寄りかかりたいと思ってるんです。でも、好きになった相手には本当の気持ちって言えなくて。私もよく『お前1人で生きていけるやろ』って言われるんですけど、正直めっちゃ彼氏ほしいよって(笑)」

――男子はそこに気づくべきだ、と?

「そうですよ~。女の子は表面的に強くても、こういう気持ちを持ってんねんでというところはわかってほしいですね」

――『リアルで~』の歌詞には、女心を知るヒントがたくさんありそうですね。

「私、友達としゃべっている時に歌詞を書くんですよ。心に引っ掛かる言葉があったらケータイでメモしていって。いわゆるぶっちゃけトークをする感覚で、飾ることなくしゃべり言葉で書いているんです」

――なるほど~。ちなみに彼氏ができたらどんなデートがしたいですか?

「それが完全にこもりたい性格なので、家でまったりしてたいですね。で、お腹がすいたらコンビニへ買い物に行く。そんなたわいないデートが理想やねんて(笑)」

――いや、アットホームでいいですよ!

「無理してデートプランを練っても、だんだんしんどくなるじゃないですか。それだったら最初から低めでいったらいいよって。そんなユルい男子が好きです」

大野純一=撮影photography JUNICHI OHNO平田真人=取材・文text MASATO HIRATA

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト