オトコを磨く夜遊びのススメ

第9回 不況に負けない夜の料理教室を探訪

2010.05.06 THU

オトコを磨く夜遊びのススメ


【今回の夜遊びスポット】創立から55年の歴史を誇る「江上料理学院」。家庭での再現性にこだわりつつ、料理の基本から和・洋・中、各国料理まで本格的に学べる。男性限定クラスや、わずか800円から参加できる単発の講習会もアリ。 東京都新宿区市谷左内町21 TEL:03-3269-0281 http://www.egami-cooking.co.jp/

「オトコの家庭料理」のワザをプロに学んでみた!



オトコも30歳前後で一人暮らしとなると、どうしても食生活が雑になるもの。僕自身、最近は外食ばかりだったせいか、わずか数カ月で体重がかなり増加中。フリーランスゆえに健康診断的なものも長らく受けてないし、気がつけば体型も健康も、結構ヤバいことになってるかも?

とはいえ、いきなり自炊中心に切り替えるのも難しい。正直、自分の料理って味が微妙だし…。ならば仕事帰りに手軽に習えない? ということで訪れたのは、東京・市ヶ谷にある「江上料理学院」。元祖・料理研究家の江上トミさんが設立した、徹底的に「家庭の料理」にこだわる学院として有名だとか。

「最近はデモンストレーション中心の“自分で作らない”料理学校も増えていますが、当校は実践的に料理の基本を覚えたいという方が中心です。男女比は3:7くらい。景気の影響による“内食宅飲み”ブームのせいか、若い男性もずいぶん増えていますよ」

とは、同学院の主幹・江上種英さん。というわけで、基礎の基礎から学べる「お料理はじめてクラス」に参加させてもらうことに。 ほかの受講者を見回すと、20代の女性の間にスーツ姿のイケメン男性もチラホラ。まずは30分ほど「包丁とまな板の使い方」「米の炊き方」といったレクチャーを受けたら、いよいよ数人ずつグループに分かれて実践スタート!
 
この日挑戦したのは、「しめじの炊き込みごはん」「豆腐とわかめのみそ汁」「たまご焼き」の3品。なんとも渋いメニュー構成なれど、調味料をキッチリ計ったり、作りながら調理器具を洗ったりと、目分量&作りっぱなしのテキトー自炊とは一味違う本格さで、なんだか「プロの主婦のワザ」を垣間見た気分に。

最後に出来上がった料理を実食すると、これ自分が作ったの? と驚くほど美味しい。みそ汁は煮干でちゃんとダシをとってるし、醤油や味噌の味付けも教科書通りだから当然なれど、いわば根本的な「正しさ」を感じる美味しさとでもいうべきか。

「今はネットを使えばどんな料理でもレシピは探し放題ですから、最初に基礎的なスキルだけ身につければ、応用でバリエーションはいくらでも広げられるんですよ。男性はお酒に合わせたツマミに凝ったり、ホームパーティ用の料理を覚えたいという方も多いですね」

仕事帰りに外食する代わりに、レッスンで作った自作料理を食べればお腹もいっぱい。日ごろの食生活を大きく変えるキッカケになりそうですよ。 あなたのお気に入りの寄り道スポットを教えてください。右下の投稿ボタンから投稿ください。

オトコを磨く夜遊びのススメの記事一覧はこちら

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト