ビジネスマンに捧ぐ通勤BGM

自分を信じて歩みたくなる通勤BGMとは?

2010.05.13 THU


今回紹介した「STAY」は、Caravanの1stアルバム『RAW LIFE MUSIC』収録曲。2009年には、6作目となる『Luck and Pluck』をリリース。また2010 年は、こっこちゃんとしげるくん(Cocco&岸田繁【くるり】のユニット)や、大橋トリオ×手嶌葵、clammbon feat. THA BLUE HERBなど、特別なコラボが行われて制作された曲も入ったコンピ盤『NO MUSIC,NO LIFE.SONGS』にCurly Giraffeと共に参加するなど、多彩な活動を行っている
ゴールデン・ウィーク明けのこの時期、激しい通勤ラッシュや慌ただしい仕事は相当キツい。日に日にストレスを溜めこんで、会社に行くことさえ億劫になってくる。

そんな時はCaravan(キャラバン)の「STAY」をBGMに、本来のペースを見つめ直すきっかけをつくろう。「STAY」は、イントロのアコギによるアルペジオの繰り返しが浮遊感を生み、パーカッシブで軽快なリズムとCaravanの声が心地良い陶酔感を高めてくれるナンバー。決まりきったルールに流されるだけじゃなく、目を閉じて自分自身と向き合って、自分らしさを信じる大切さを伝えてくれる歌詞も、この曲の大きな魅力だ。

Caravanといえば、幼少期をベネズエラの首都カラカスで過ごした後、各地を転々して生活した経験を持つ、異色のシンガーソングライター。その経験からか、彼の創る楽曲には幅広い音楽性が感じられ、“旅”をテーマにした曲も多く、どこまでも自由な精神が感じられる。それは「STAY」の歌詞にも然りで、だからこそ、型にはまった毎日を送りがちな僕らは惹かれるのだろう。ちなみに、そんなCaravanの音に惹かれて、YUKI(「ワゴン」)やSMAP(「モアイ」)などが、楽曲提供を受けている。

休み明けでもバリバリ働ける人もいれば、なかなか気持ちが切り替わらずに仕事がはかどらず焦ることもある。そんな時こそ「STAY」を通勤BGMに、周りに流されることなく、自分を信じ、自分らしいペースで仕事に取り組んでみよう。そうすればストレスも緩和されて、日々の通勤も快適になるはずだ。
(Beat Sound編集部 菊池真平)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト