女性ユーザーが次々とハマる…

キャバ嬢育成、浮気暴きetc. ケータイゲームに異変アリ

2010.06.03 THU



(c)2009-2010 LEVEL5 Inc.,(c)IDAC CO.,LTD.
自分だけのキャバ嬢を作り、ネオ銀座のナンバーワンを目指して育成する『キャバ嬢っぴ』。浮気の証拠を探し出し、彼氏に浮気を認めさせる『浮気ゲーム@エビデンス』。とんでもない題材を扱ったケータイゲームがいま、女性を中心に人気を集めているという。

しかし、なぜこんなゲームを開発したのか?

「『キャバ嬢っぴ』は、いまや女性の憧れの職業である“キャバ嬢の世界”を、誰もが楽しく疑似体験できるゲームにしてみたんです」(レベルファイブ・小倉 健さん)

「恋愛には誰もが神経を昂らせてしまうような、ある種の中毒性があります。加えて昨年から弊社が提供していた『脱出ゲーム』が女性ユーザーに好評でした。これらから“彼の部屋で浮気の証拠を探すゲーム”はウケるだろうと『浮気ゲーム』を開発したんです」(アイダック・津田昌樹さん)

狙いは当たり『キャバ嬢っぴ』は10代20代の、『浮気ゲーム』は30歳前後の女性を中心に遊ばれているとか。これらケータイゲームの傾向について、『ファミ通DX』の編集長代理の目黒輔さんを直撃。

「これまでは家庭用ゲーム機等にある人気作を、携帯電話の進化にあわせて移植するのがひとつのトレンドでした。しかし現在、携帯電話の性能は一段落。ゲーマー狙いの市場も成熟しつつあります。そこで女性を中心にライトユーザーを獲得すべく、彼女たちに身近な題材で、操作も難易度も携帯電話に適したゲームが増えたのでは」

なるほど。加えて最近で顕著なのはユーザー同士でバトルを楽しむ『怪盗ロワイヤル』のようなソーシャル系ゲーム、と同氏。

「昔はゲームありきで、その後に情報交換のコミュニティが生まれていました。でも今はモバゲーやGREEのような元から人が大勢いるコミュニティにゲームを投下する。話題にもなるし、こぞって遊ぶわけです」  その多くが入り口は無料で、ゲーム内のアイテム購入等で課金するものも多い。身近で手軽なゲームのはずが、知らずに散財とは…面白くも恐ろしいですな。
(熊山 准)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト