体感必須! オトコのイベント

映画の見方を“耳”から変える!? 「爆音映画祭」開催!!

2010.06.04 FRI


「爆音」といっても、ただ単純に音を大きくするのではなく、その作品にとっての最良であり最適な音を追求する。それがこの「爆音映画祭」のコンセプト。そのために、大がかりな音響セットが組まれるのだ
日々、進化する映画の上映技術。高画質なデジタル上映の普及に続き、今、新たに3D上映が話題を集めている。しかし、映画の楽しみ方は“目”だけではなく、“耳”からだって変えられるはず! そんな独自の切り口で、映画ファンからも音楽ファンからも熱い支持を得ている映画祭があるのをご存じだろうか。それが、今年で第3回を迎える「爆音映画祭」だ。

「爆音映画祭」とは、映画上映用ではなく、音楽ライヴ用の音響セッティングを使用し、ボリュームを限界まで上げた「爆音」で映画を楽しむというユニークな試み。一般公募や映画祭事務局の推薦でラインナップされた作品の上映をはじめ、「映画と音楽を結びつける試み」として開かれる音楽ライヴ、映画業界の著名人によるレクチャーなど、盛りだくさんの内容だ。

通常の劇場上映では実現できない迫力ある爆音に、視覚までが変容し、映画が違って見えてくるようなトリップ感覚に陥ったり、大音響でなければ聞こえてこないかすかな音までキャッチしたり。今までの映画鑑賞とは全く違った楽しみ方ができるのが、この映画祭の醍醐味。ロックバンドのライヴなどで体験するような、あの独特な高揚感を、映画館という場所で、そして、数々の名作を通して、存分に堪能してほしい。
(内藤香苗/クレッシェント)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト