ネット界の“旬”なニュースをお届け!

モンチッチvs.ガチャピンの戦争勃発か?

2010.06.03 THU

噂のネット事件簿


モンチッチの製造元・セキグチのHPには、モンチッチが大会に出場することがニュースとして取り上げられている。 ※この画像はスクリーンショットです
5月30日、サルのキャラクター・モンチッチがエアギターの世界大会「エアギター2010」の日本大会一次予選に出場した。「Funky Monkey Baby」(キャロル)に合わせてエアギターを演じた結果、24人の参加者中1位となり、8月に行われる音楽フェスの「サマーソニック」で行われるエアギター2010の日本大会決勝に進出した。

このニュースに衝撃を受けたのがガチャピンのファンである。というのも、ガチャピンは2007年に「ギリギリchop」(B’z)で日本大会3位となった。1位と2位の演者のみ世界大会に進出できるため、「ちょびっと失敗しちゃったので、ちょっぴりくやしいけど、入賞できて、すっごーくうれしかった~」と大会後にブログで声明を発表していた。

エアギターキャラクターといえば、ほかにも『さんまのまんま』(日本テレビ系)に登場するキャラ「まんまちゃん」が知られているが、2ちゃんねるでは「モンチッチがエアギター優勝!ガチャピン、ピンチ!」というスレッドが立ち、モンチッチとガチャピンの対立があおられた。書き込みには以下のようなものがあった。

「チャットモンチー」
「中の人を褒めてあげて!!」
「森昌子も大変だな」
「反則だろ」

これらに続き、「まだ赤い野郎は来てないようだな」という書き込みがあったが、これはガチャピンの相方(かつ、敵だと2ちゃんねるでは扱われがちな)のムックのことを指している。つまり、2ちゃんねるでガチャピンが取りざたされると、それを揶揄(やゆ)すべくムックが登場するというガチャピン関連スレッドの流れのことを意味しているのだ。

この期待通り、「緑イモゴミ芋虫の野郎がこれで静かにしてくれそうですぞ」と2ちゃんねる上にムックが登場し、「モンチッチvs.ガチャピン」の密かな闘いが幕を上げた。8月の本大会、結果がどうあれ再び「モンチッチvs.ガチャピン」の抗争がネット上で展開されそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト