ビジネスマンに捧ぐ通勤BGM

人生の転機で迷った時に答えをくれる曲とは?

2010.06.10 THU


今年4月28日に、レコード会社を移籍後、初となる最新アルバム『wEE Love MUSIC』をリリースしたEELMAN。同アルバムには、新たな代表曲となりそうな「I Love Music」など、心にダイレクトに響く魅力的な曲が並ぶ。今回紹介したナンバーも「Simple Piano Session」として、より歌が伝わってくる音数の少ないシンプルなアレンジが施され収録されている。2001年に大ヒットした三木道三の「Lifetime Respect」に共感した人には、琴線に触れる作品だ
R25世代のビジネスマンなら、一度くらい“転職”を考えたことがあるだろう。たとえ会社に不満がなくても、自分の本当にやりたい仕事やより良い待遇を求め、実際に転職活動を始める人も少なくない。でも様々な思いが交錯し、いざ決断となると、なかなか踏み切れない人も多いはず。

そんな、人生の転機で悩んでいる人にお薦めしたい通勤BGMが、EELMAN(イールマン)の1stアルバム『Simple Song For You』のリード・トラック「Simple」。

EELMANは、すでに18年ものキャリアを誇る静岡出身のアーティスト。レゲエとヒップホップを独自のセンスで融合させたサウンド、時にラップも交えながら覚えやすいメロディに乗せて歌われる、メッセージ性の高い歌詞も彼の持ち味だ。

最新アルバムのボーナス・トラックに別テイクが収録されている「Simple」は、EELMANを代表するナンバー。心地良いミドル・テンポのレゲエ調の楽曲で、メロディも親しみやすく歌詞の浸透率が高い。好きか嫌いかやりたいかやりたくないかといったシンプルな思考で自分自身と向き合い、信じた道をまっすぐに進もうというメッセージも、耳から離れないほど響くはず。

転職という人生の転機を前にすると、それまでお世話になった会社のことや同僚のこと、今後の生活や自分自身の将来など、多くのことで悩まなければならない。そんな時こそ「Simple」を通勤BGMにして、自分の気持ちと向き合えば、転職を“する”か“しない”か、答えが見つかるかもしれない。
(Beat Sound編集部 菊池真平)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト