ボクらの「ケータイ事情」大調査

第6回 絵文字を使いこなして恋の近道を歩め!

2010.07.08 THU

ボクらの「ケータイ事情」大調査


「逆にちょっとサムい」(約4%)というのも見過ごせない数字! こう思われないためにも、上手に絵文字を使いこなしたいものですね。 ※全国の20~34歳の男性500名/女性500名へのインターネットアンケート結果(2010年5月実施)
ところで、恋人からの絵文字入りメールってうれしいものなんですかね? 女子のメールに絵文字が多いのはかわいいけど、男子のメールに絵文字が多いのはもしかして不評だったり!? ということで、20~30代の男女にアンケートを実施。「彼氏・彼女からのケータイメールに絵文字が入っているとどんな気持ちになりますか?」と聞いてみました。

結果は、なんとおよそ3人に1人もの人が“絵文字が入っていると「好き」度がUP!”と回答。絵文字否定派はごくごく少数でした。こういう結果を知ったからには、ボクも絵文字を使いこなせるようにならないと!!

「絵文字は感情表現の一種。恋人同士なら特に感情表現が大切なので、積極的に絵文字を使って間違いなし!」

お墨付きをくれたのは、『ハッピーメール塾 - 楽しい恋のもりあげ方、教えます』などの著書を持つ、心理コーディネーターの織田隼人さん。そう言ってもらえて、安心しました! では、男子としては1通のメールにどれくらい絵文字を使うべきなんでしょう? もともと絵文字をあまり使わないから、適量がわからなくて…。


イラスト/コットンズ 絵文字ゼロのメールは素っ気ないけど、多すぎるメールもNG。気合いが入りすぎてて“ウザい”と思われかねませんよ
「メール相手が恋人ならたくさん入れても問題ありませんが、さすがに1通にハートの絵文字が10コも20コも…というのはやりすぎ。“キモい”と思われかねません。また、年齢が高い女性のなかには絵文字を使うことを嫌う人もいます。相手が使う絵文字量に合わせて、それを超えないように。半分くらいを目安にするといいでしょう」

なるほど、相手の絵文字の半分が適量…と。では、絵文字選びのポイントを教えてください。女子にウケがいい絵文字、なんてありますか?

「顔系の絵文字であれば、“ウィンク”や“フッと笑っている”ものなど、満面の笑顔ではないものを選ぶといいでしょう。ストレートな顔系の絵文字は、賑やかな半面“押しが強い”“うるさい”と感じる人もいるので、若干中途半端な表情のものがおすすめです。食べ物や動物など部品(モノ)系の絵文字なら、赤やピンクなど暖色系のものを選びましょう。青い汗の絵文字ばかりだったりすると、メールを開いた瞬間に寂しい印象を与えてしまいます」

顔系の絵文字なら表情、部品系の絵文字なら色合い選びが大切なポイントなんですね。

織田さんによると、「絵文字はメール本文と同じくらい感情豊かなツール」なのだそう。本文だけじゃなく絵文字使いにも気をつかえば、相手へのウケは間違いなし!? みなさんも一度、自分のメールを見直してみてはいかが? 投稿募集はこちら 皆さんの投稿を募集中!
右下の投稿ボタンから投稿してください。

ボクらの「ケータイ事情」大調査の記事一覧はこちら

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト