ネット界の“旬”なニュースをお届け!

誰でも空を飛べるジェットパック発売

2010.03.16 TUE

噂のネット事件簿


公式サイト上で公開されているデモンストレーション映像。残念ながら室内での飛行なので速度は出ていない ※この画像はスクリーンショットです
ニュージーランドのマーティン・エアクラフト社は、背負ったエンジンを使って空を飛ぶための装置「ジェットパック」を個人向け商品として発売する準備を進めている。

米FOXニュースのウェブサイトによると、同商品の正式名称は『Martin Jetpack』。アメリカ市場向けの商品として今年後半の発売を予定しているという。気になる販売価格は当初50万ドル程度と予想されていたが、最終的には10万ドル(約900万円)くらいになりそうだ。

現在、同社は、操縦するのにパイロットの免許がいらない「超軽量航空機」としてアメリカ連邦航空局に認可を申請している。連邦航空局は過去にジェットパックを管理したことがないため手続きに手間取っているようだが、問題なく認可が下りる見通しだという。

『Martin Jetpack』は、200馬力のエンジン2基を搭載。上空2400mまで上昇可能で、最高速度は時速100km。この速度で飛行した場合、ガソリン満タン時(19リットル)なら約50kmの距離を移動できる計算だ。

免許要らずで空を飛べるこのSFの世界のようなジェットパックに日本のネット住民たちも興味をもったようで、「ガンダムで出てくるような奴をイメージしていたが、想像以上にかっこよくてワロタ」「通勤用に買おうかな」「実用化されたらナウシカみたいな世界になるな」「タケコプターの現実版」などとコメント。アニメやSFの世界が現実化していくことに胸を躍らせているようだった。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト