夢の“世界一周”にチャレンジ

第11回 旅の情報を発信するための必須アイテム

2010.08.05 THU

夢の“世界一周”にチャレンジ


【世界一周36日目】ネパールの首都カトマンズには、無料Wi-Fiのカフェやレストラン、宿が至るところに!傾向から言って、観光客が集まりやすい都市には、そんなスポットが多いですね。日本でもこんな環境がもっと整ってくれればなぁ…。

海外でブログやTwitterを更新するには?



海外を旅行していると、感動を覚えた景色や珍体験などを他人と共有したいと思うことはありませんか? まさに僕は今、そんなことを続けながら旅をしているわけでして。今回は、海外からブログやTwitterなどを更新するために必要なものを紹介します。

まずはなんといっても「ノートPC」。これまで訪れた大抵の都市にはインターネットカフェがありましたが、日本語入力や写真の編集加工のことを考えると、やはり自前PCがあると便利です。最近の電化製品は海外の電圧に対応しているものが多く、全世界共通の電源形状変換アダプターさえ持っていれば、電源につなげられます。あの重くて大きい変圧器は必要ありません。

とくに無線LAN内蔵型だと、ネットへのアクセスが断然容易になります。日本ではまだまだ少ないですが、海外だとカフェや宿などの公共スペースで無料Wi-Fiがキャッチできる「Wi-Fiフリースポット」が多いんです。これまで旅してきたタイ、ラオス、中国、ネパールでは、至るところにWi-Fiフリーのスポットを見付けることができました。できるだけ出費を抑えたい僕らは、新しい街に着くと、カフェや宿に入って無料Wi-Fiの電波を探すことが習慣になっています。

また、Wi-Fiが飛んでいないところで役立つのが、LANケーブルです。ネット回線さえあれば、LANケーブルでつなげてしまえばアクセス可能。中級以上のホテルでは、回線が部屋まで来ているケースが多いので、これも必需品ですね。 と、ここまでPCまわりの必需品を紹介してきましたが、いつもPCを持ち歩くのも面倒くさいですよね。Twitterや短いブログを更新するくらいなら、携帯電話だけでも十分ですし。ただ、日本の携帯電話で海外ローミングすると、馬鹿高い料金を請求されるのが怖い…。

そこで登場するのが、SIMロックフリーの携帯電話です。日本でも来春から販売開始されるらしいですが、海外で購入すれば、格安で仕入れることができます。端末さえ手に入れてしまえば、国が変わるたびにSIMカードを入れ替えるだけで通信可能。SIMカードの価格は国によりますが、南アフリカではたったの120円くらい! 日本と比べると格安で手に入れられます。

道中でもネットから離れられない僕みたいな旅行者にとっては、ありがたい世の中ですね。ネットをやりすぎて、旅の経験をおろそかにしないように気を付けないと…。 長谷川夫妻への応援メッセージや旅の裏ワザ、海外情報など、下記のボタンからご投稿ください。

夢の“世界一周”にチャレンジの記事一覧はこちら

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト