怪談芸人・島田秀平に聞いた!

怖くて帰れない女子続出!? 夏の合コンに効く“怪談”テク

2010.08.05 THU



撮影/高橋定敬
夏といえば怖い話。怪談です。そして女のコって、なぜか怖い話が好きなコが多い。筆者も経験上、合コンで怖い話をするとウケが良かった気が。“モテる怪談”“女子をお持ち帰りできる怪談”テクニックってないのかしら?

「いや、ありますね!」

と、力強くおっしゃるその声は、怪談界の若き語り部、島田秀平さん!

「怪談というのは、話し始めるとみんな静かにじっと聞きますから、全員の一体感も高まるし、合コンには打ってつけです。それに『怖くて帰れな~い』と、終電をあきらめさせたりできますからね」

す、素晴らしい! さっそくそのモテ怪談テクニックを教えてください!

「まず店選びです。やっぱり怪談に向いているのは静かな場所。静かで、暗めな“個室”を必ず取りましょう。キャンドルの灯りなんかがあればかなり効果的ですね。しかもちょっと狭めであれば、なおいいです」

密着するような狭い席なら胸をムギューっと腕に押しつけてきたりも!?

「はい(笑)。そして、“家に帰れない”“ひとりでいたくない”と思わせることが大事。例えば『ひとり暮らしの女性に起こった怪談』『夜の4時44分に霊から電話がかかってくる』というような“ひとりで家に帰りたくなくなる”ネタは効果的ですね」

たしかに…! では怖い話をうまくしゃべるコツとかってあるんですか?

「基本は、できるだけ小さな声でメリハリをつけて話しましょう。怪談は相手をどれだけ夢中にさせ、前のめりにさせるかがポイントですから。あと、『ある場所にある廃墟で…』ではなく『茨城県のつくば市に廃墟があって、2年前の8月に…』と、ウソでもいいので場所と時間をハッキリさせると信憑性がアップするなど、テクはいろいろです(下表参照)。あくまで怪談はエンターテインメント。怖がらせてナンボですから」

よ~し、この怪談テクで女子のハートを震え上がらせつつ、夏のウキウキ体験(?)をゲットしよう!
(篠本634/shortcut)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト