超セレブの世界をのぞき見したい!

自家用ジェット&チャーター機 いくらあれば手が届くの?

2010.11.04 THU



写真提供:ヴァージンギャラクティック社
羽田空港の本格的な国際化が進められるなか、企業のビジネスジェットや個人所有の小型機の発着枠が1日4便から8便に拡大され、海外からも24時間乗り入れが可能になった。悲しいかな、庶民には無縁の世界のようだが、セレブたちが乗りまわす自家用ジェットやチャーター機って、いったいどうなっているんだろう?

「自家用ジェットやチャーター機は、日本国内で通常のエアラインが就航しているような空港であればほぼどこでも離着陸可能です。航路は通常のエアラインと同じですが、高高度を飛行するため、悪天候や気流の乱れを受けにくく、安定したフライトが約束されます」(丸紅エアロスペース・松浦宏美さん)

なるほど。ただ、ここで気になるのが、具体的な料金や旅程だが…。

「小型機を1機チャーターした場合、搭乗人数や飛行条件により変動しますが、1泊2日の宮古島往復で約620万円ですね」(朝日航洋・中島紫寿香さん)

さらに海外ならば、ニューヨーク往復で32万ドル(2600万円)程度かかるそう。う~ん、やっぱり高い…!

「しかし、自分のスケジュールに合わせたフライトプランを立てられるため、乗り換えなどによる時間の無駄は一切なし。また機内では他人の目を気にせずに仕事に没頭したり、会議や商談もできるので、時間が有効活用できます。この点が多忙なセレブ、トップビジネスマンに愛される一番の理由かもしれません」(松浦さん)

機内食も好きなものを好きな時間に、専属のCAがサーブしてくれるんだとか。

ちなみに、プライベートジェット界のロールスロイスと呼ばれる「ガルフストリーム」の新機を購入する場合、機体価格は約1500万~6500万ドル(12.3億~53.3億円、契約時期により変動)! 機内のレイアウトから座席のシート、テーブルの木目までもお好みにオーダーできるといったメリットを考えれば、悪くない!?かも…。
(阿部桃子)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト