体感必須! オトコのイベント

AKB48が「良いデザイン」に選ばれたワケって!?

2010.11.12 FRI


11月10日のグッドデザイン賞表彰式では「ベスト15」の中から大賞を選出。3000件以上もの審査対象の頂点に立った大賞の「デザイン」は会場で確認を
赤丸にGの文字が入った、おなじみのGマーク。グッドデザイン賞を受賞、すなわち「優れたデザイン」だと認められたものに対して付けられるマークだけど、その選考基準ってなんだろう? オシャレだったり格好良かったり、見た目に優れたものが選ばれるのかと思っていたが、グッドデザイン賞のサイトによると「私たちの生活の営みを豊かにしてくれる力をもったデザイン」であることらしい。

2010年度のグッドデザイン賞は、日用雑貨から家具、自動車、住宅、レンタサイクルなどのサービスに至るまで有形無形にかかわらず、幅広いジャンルから1110件が受賞。なかでもエンターテインメントプロジェクトデザインとしてのAKB48の受賞は話題にもなった。

東京ミッドタウン・デザインハブで現在開催中の企画展『GOOD DESIGN EXHIBITION 2010』では、特に秀でた「ベスト15」に選ばれたものをはじめサステナブルデザイン賞、中小企業庁長官賞など各賞の受賞作を中心に約100点の現物や映像・写真パネルなどを展示している。デザイナーのコメントや審査委員による評価ポイントもあわせて紹介されているので、その受賞の理由も見えてくるはず。

「生活を豊かにしてくれるデザイン」の魅力に触れ、デザインという言葉の奥深さを噛みしめてみるのもいいだろう。
(松本優子/クレッシェント)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト