ビジネスマンに捧ぐ通勤BGM

マイ・ストレス解消ソングを見つけよう!!

2010.11.18 THU


12月15日には、タワーレコーズ限定のシングル「nightriders」をリリースするアナログフィッシュ。シングルといっても、2曲/約40分にも及ぶ聴き応え十分の作品に仕上がっている。ちなみに、今回紹介した「スピード」は、彼らが2005年に発売したアルバム『KISS』に収録されている
ストレスとの戦いは、出勤ラッシュに巻き込まれながら、毎日出社するビジネスマンにとっては日常茶飯事。それをどのように解消、もしくは軽減させるかによって、仕事の成果も変わってくる。

そこで、ストレスを発散できるBGMを探してみるのはどうだろう?

アナログフィッシュが歌う「スピード」は、まさに溜まったストレスを発散したい時にこそ聴いてほしいナンバーだ。彼らは、ヴォーカル/ベースの佐々木健太郎、ヴォーカル/ギターの下岡晃、さらにドラムの斉藤州一郎の3人で活動するロック・バンド。佐々木と下岡がともに作曲をし、曲ごとにメイン・ヴォーカルが変わるのも大きな特徴。

「スピード」は、佐々木がメイン・ヴォーカルを務め、TVアニメ『NARUTO-ナルト-』のエンディングテーマに採用された、アナログフィッシュの初期を代表する名曲。そのタイトル通り、切れ味鋭いギターのカッティング、前のめりなベース、弾むドラムのビートがぶつかり合い、最後までスピード感溢れるスリリングな演奏が続くナンバー。演奏の中心には、心の中に溜まったストレスを叫びで“ぶっとばし”てくれる、熱いヴォーカルが響く。

「スピード」は聴くだけでなく、カラオケで大声を出して歌っても、ストレス解消に一役買ってくれそうだ。もうすぐ忘年会シーズン。忘年会の2次会のカラオケなどで、全員でマイ・ストレス解消ソングを考えてきて、今年溜まったストレスを歌に込めて発散し合うのも面白いだろう。
(Beat Sound編集部 菊池真平)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト