ビジネスマンに捧ぐ通勤BGM

来年に向けて聴いておきたい名曲「ファイト!」

2010.12.02 THU


今回紹介したアナム&マキがカバーした「ファイト!」は、08年にリリースされたベスト・アルバム『ベストデス』に収録された。2008年に出産した河島アナムは現在ソロで活動を行い、12月11日には福岡でライブが予定され、年明けには子供をテーマにしたセルフ・プロデュース・アルバムも発売予定。また、本夛マキもソロライブ、イベントへの参加など、精力的に活動中だ
人それぞれ、1年の感じ方は様々。「もう年末か…」と思う人もいれば、「やっと年末か…」と感じる人もいる。師走の慌ただしい通勤途中でも、ふとした瞬間、1年を振り返り、来年のことを考えてしまうR25ビジネスマンも多いはず。

そんな時に聴いてほしいのが、「ファイト!」。このナンバーは、1983年に発売されたアルバム『予感』に収録されている中島みゆきのオリジナルだが、吉田拓郎、YUKI、福山雅治、槇原敬之ほか、多くのアーティストにカバーされている名曲。今回紹介するのは、2002年にカバー・シングルとしてリリースされたアナム&マキのバージョン。

アナム&マキは95年に結成された、河島アナムと本夛(ほんだ)マキのユニット。00年にはメジャー・デビューを果たし、5枚のオリジナル・アルバムを制作するが、08年に活動を休止。現在は、“より強力なアナム&マキを目指すため”お互いにソロ活動を行っている。

「ファイト!」は、歌詞の中で現実から逃げ出さずに生きることの難しさが描かれ、それでも困難に立ち向かって力強く生きる人たちを、“ファイト!”というシンプルな言葉に込めて励ますメッセージソング。この曲が、幅広いアーティストにカバーされていることからも、世代を超えて共感する魅力があることがわかる。なかでも、アナム&マキのカバーは、ふたりのヴォーカルが重なるサビの力強さが際立ち、より一層“がんばろう!”という気持ちが高まってくるようだ。

今年1年を振り返ると、充実した人だけでなく、反省ばかりが思い出される人もいるかもしれない…。どんな状況であっても、「ファイト!」をBGMに自らを鼓舞して、来年へ向けた前向きな気持ちを高め、今年を締めくくろう!
(Beat Sound編集部 菊池真平)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト