夢の“世界一周”にチャレンジ

第30回 ダイビングの聖地で潜ってみた!

2010.12.16 THU

夢の“世界一周”にチャレンジ


浅瀬から急勾配で水深69mまで沈んでいる「ブルーホール」。突然、海底が見えなくなり、眼下が真っ青に染まるため、そう呼ばれているそうです。その縁のサンゴは、格別な美しさでしたよ!

“恋するダハブ”と呼ばれるゆえんは、その街の魅力にあり



旅と一言でいっても、その目的は人それぞれ。世界の食巡り、お祭り巡り、自分探しなどいろいろありますが、スキューバダイビングのライセンスを取得するために海外へ、という人も多いようです。なかには、海の魅力のとりこになって、世界中のダイビングスポットを巡る人も。

旅の途中で出会った一人旅中の女性も、世界の海に魅せられた一人。世界中のダイビングスポットというスポットを潜ってまわり、すでに世界一周を達成したんだとか。また、旅の途中でインストラクターの免許を取得して、そのまま海外のダイビングショップに就職、なんて人も。「ダイビングをすると、地表の約7割を占める海のなかの世界を見られるようになりますからね」。こんなふうに言われると、海のなかを覗かずに人生を終えるのが、もったいないような気すらしてくるじゃありませんか!

かくいう僕も日本でダイビングに興味を持ち、この旅で世界の海に潜ってやろうと出発前にライセンスを取得してきました。そしてこの旅で初めて訪れたダイブの機会。それがエジプト、ダハブでした。

ダハブは、ダイビング用スキューバの開発者として知られる海洋学者、ジャック・イブ・クストーが、美しいダイビングスポットとして認めた「紅海」に面した街。その美しい海に格安で潜ることができることから、ダイバーたちのあいだでは聖地として知られています。 ダハブの海は、「キャニオン」と呼ばれる海中の渓谷や、「ブルーホール」と呼ばれる海中ホールが存在し、ダイバーを飽きさせることがありません。そんな環境にもかかわらず、安いところでワンダイブ約2000円~、ライセンス取得料も教材費込みで約1万6000円~と、格安のダイビングショップが多数あるんです。ついつい旅人ダイバーが長居してしまうのもわかるような気がしました。

すでに11月に入っておりましたが、さすがは聖地。さんさんと照りつける太陽の下、絶好のダイビング日和に恵まれました。聞くところによると、12月中頃までは、まだまだ暖かいとのこと。ボートで沖合に出ることなく、ビーチからそのまま潜行できる手軽さもダハブの特徴で、潜り始めるとすぐにサンゴの絶景が広がるんです! 日本では珍しいナポレオンフィッシュも拝むことができましたよ。

海の美しさ、破格の料金設定、居心地の良さ…。僕らもほかの旅人の例にもれず、ダハブと恋に落ち、滞在期間を延ばしてワンランク上のライセンスまで取得してしまったのでした。 長谷川夫妻への応援メッセージや旅の裏ワザ、海外情報など、下記のボタンからご投稿ください。

夢の“世界一周”にチャレンジの記事一覧はこちら

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト