思わず欲しくなる!

自分そっくりのゲームキャラを現実でも使えるハンコ

2011.01.05 WED


スタンプ本体のカラーは、Miiスタンプくんはブルー、ピンク、イエロー、グリーン、グレーの5色から、Miiもちものスタンプはブルー、ピンク、オレンジ、イエロー、グリーンの5色から選べる。どちらも専用インキを補充することで、繰り返し使い続けることができる
R25世代にはおなじみのゲーム機「Wii」は、持っている人ならご存じの通り「Mii」というアバターを作ってゲーム内で利用できる。Miiは目鼻口に輪郭など、いろんな顔パーツを組み合わせることで、自分に似た顔を手軽に再現できるというもの。

目や鼻などのパーツが数十種類あるので、その組み合わせだけで数十億通りにもなる。色や大きさ、位置なども調整すれば、そのパターンはほぼ無限とも言える。誰でも似た顔を作ることができるので、初めて見るMiiでも、それが友達や家族ならのものなら、すぐわかることが多い。実際にスポーツゲームなどでお互いのMiiを使って対戦すると、相手がひと目でわかるのでかなり白熱するのだ。

それだけ似ているWiiをゲームのなかだけに閉じ込めておくのはもったいない、という発想から生まれたのが「Miiスタンプくん」と「Miiもちものスタンプ」だ。Miiをそのままスタンプにできるというもので、Wii専用のオンラインショップ「Wiiの間ショッピング」からのみ購入できる。

「Miiスタンプくん」は、印面のサイズが2.5cm×3cmと大きめで、5色の水性インキから選択できる。「Miiもちものスタンプ」は、印面サイズが1.3cmと小さくインキも黒のみだが、油性なので文字通りいろんな持ち物に押すことができる。

スタンプになっても、Miiで作った顔の特徴はしっかりと引き継がれている。画面上では3Dで表示されるMiiの顔を正面から描いた版画のようなタッチになっており、細かい特徴もきちんと再現されている。

顔に加えて漢字やひらがなで名前を入れることもできるので、ちょっとした伝言メモなどでサイン代わりに使うと楽しいかもしれない。思わぬ人がハンコに気づいて、そこから新たなゲーム仲間が増えるかもよ。
(青山祐輔)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト