要らないモノは賢く換金しちゃおう!

中古ブランド品買い取りサイト「ブランディア」人気上昇中

2011.01.20 THU



撮影/邱 尚
使わなくなったカバン、時計、服…。タンスやクローゼットの中で眠ってるブランド品が、ちょっとしたお小遣いに!? ネット上の簡単な手続きだけで、ブランド品を買い取ってくれる業者が増えているのだ。そのひとつ「ブランディア」というサイトでは男性ブランドも多く取り扱っている。

「ブランディアの会員は現在18万人以上。そのうち男性は約2割ですが徐々に増えてきています。2500の取り扱いブランドに該当するものなら、カバン、靴、財布、ネーム入りのスーツでも買い取らせていただきます。品物やコンディションにもよりますが、買い取り価格は、高い物ですと購入価格の8割に上るケースもあります」

とはブランディアの広報・小磯卓也さん。では、どのような手順で買い取りが行われるのだろう?

「会員登録していただき、売りたい品物の情報を入力します。すると弊社から組み立て済みのダンボールが届きますので、そこに品物を入れて送り返すだけ。その後、ネットを通じて査定金額をお伝えしますので、金額を見て売るか、返却を希望するかを選んでいただくという流れです」(同)

査定はブランド、商品ごとにチェックすべきポイントをデータベースで管理し、ネットオークションの流通相場と照らし合わせて行う。勘や経験に頼らず、誰でも真贋の判定や適正な値付けを行えるシステムを作り出したのだ。

「買い取った商品は、弊社が運営するブランディアオークションを通じて新しい持ち主へとわたります。企業が間に入り真贋を判定しているので、安心して購入していただいています」(同)

毎月6万点もの商品が入れ替わるという盛況ぶりで、引っ越しや大掃除の時期には大量のダンボールが送られてくるとか。使ってなくても、ブランド品ってなかなか捨てられないもの。思い切って売ってみたら意外といいお金になるかも?
(加藤克和/verb)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト