話題のニューストピックを追跡!

返送、焼却処分も。2/14のチョコ、芸能事務所の対応は

2011.02.10 THU

2月14日はバレンタインデー。なんのかのといってもチョコレート売り場は盛況だし、あげる個数、もらった個数なども人々の話題にのぼりがちである。人気芸人や俳優を抱える事務所には「トラック○台分」のチョコレートが届くという噂を聞いたことがある人もいるのでは? 個数はともかく、芸能事務所では、バレンタインデーに受け取ったものはどうしているのだろうか。

お笑いコンビ・サンドウィッチマンが所属するグレープカンパニーのマネージャー氏によると、バレンタインの前にイベントやライブがあった場合ファンが直接芸人に渡すパターンもあるが、事務所に届いたものは基本的にそのまま渡しているとのこと。あまりに多く届いた場合は開けるのを手伝ったりもしているそうだ。

では、人気俳優が多く所属する事務所はどうか。

O事務所に所属する俳優宛てにチョコレートを送ってもいいかどうか問い合わせたところ、「大丈夫ですよ~」と、チョコレートを歓迎してくれそうな雰囲気。J社も「ありがとうございます。大丈夫です(送っていただいて構いません)」と非常に優しいお答えだった。その他T社でも同様の回答。(人気俳優のため)たくさん届くだろうけれど、本人に届くだろうか…という不安については、「本人に届くようになっています」とのことだ。

ちなみに、人気男性タレント事務所として大手のジャニーズ事務所は、平成16年12月に「ファンの皆様へ」として、“贈り物についてのご案内とお願い”を公式サイトにアップしている。それによると、手紙はタレント本人に届けているが、贈り物は、原則として贈り主に返送。手紙が匿名の場合や、腐敗や劣化が想定され返送できないもの(食品など)については焼却処分しているという。

一方的な届けものになってしまうため、贈るほうにも、届け先の確認はもとより賞味期限なども含めた配慮が必要だと思われる。ファンの気持ちが本人に届くことを祈りたい。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト