激安も超高級車も思いのままに駆る

「100円」からポルシェまで! レンタカーサービス進化中

2011.02.17 THU



撮影/樽井利和
“車離れ”なんていわれてる僕ら若者。安い買い物じゃないから買うとなると躊躇するけど、旅行に行ったり、大きな荷物を運んだり、「車があったらな~」と思うシーンはけっこう多い。

そんな若者の気持ちを察してか、レンタカー業界が様々な形態のサービスを始めているのだ。例えば100円レンタカー。

「10分100円で車の貸し出しを行っています。中古車販売店が在庫として持っている中古車をレンタカーとしてご利用いただくため、低価格を実現しています」

とは100円レンタカーを運営する中古車販売店・カーベルの吉本一伸さん。販売店の車なので、借りてみて気に入れば購入も可能。販売店としても、試乗してもらうことで販売のチャンスにもなり、在庫を眠らせたままにしないというメリットがある。また、整備工場やガソリンスタンドは、車両整備中に貸し出す代替車のなかから、使っていない車をレンタカーとして貸し出す方式で参入しているという。

また1週間や1カ月といった単位で借りられるレンタカーもある。

中長期専門のスマイルレンタカーの富田慎二さんによると、「1週間2万1700円~、1カ月3万9800円~、中長期の契約になるので金額もお安く設定しています。例えば個人の方ですと長期の旅行。ある一定の期間だけ車が必要で、購入・リースするまでもない企業のご利用が多いですね」。

また、格安路線だけでなく、高級車のレンタカーも人気だという。

「ベンツやポルシェ、ハマーなどの高級車が1日1万4000円~3万2900円。リムジンを仲間で貸し切るなんて使い方をされるお客様もいらっしゃいます」(高級車レンタカーDIREX高嶺正憲さん)

この値段なら特別なデートの日に借りるのもありなのでは!

必要なときに必要な車を借りる。車との付き合い方の選択肢が増えるのは僕らにとってもうれしいことですね。
(加藤克和/verb)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト