暑い夏にアツい夜を過ごしたい!

第1回 平日夜に行きたい寄り道先とは?

2011.06.23 THU

暑い夏にアツい夜を過ごしたい!

夜の寄り道先で、最初に考えたいアクセス性!



ひと口に「会社帰りの寄り道」といっても、いったい何をすればいいのか? すぐに思いつくのは「飲みに行く」くらいのもので、忙しい僕らが会社帰りにできることは、なかなか限られてしまっているような…。

「確かに限られた時間内で思い切り楽しむのは、初めのうちは難しいかもしれませんが、夜は開放的になって、大胆にチャレンジする気持ちになれる時間帯。まして夏ならなおさらです。そんな夏の夜をいつもと変わらず、同じことばかりして過ごすのはもったいない」

そう語るのは、夜の遊びに詳しいライターの大脇克浩さん。では、そんな僕らが、注意したい夜スポットのポイントって、どんなところなんでしょうか。

「まず考えておきたいのは、やはりアクセスの問題。限られた時間を有効活用するには、移動時間はできるだけ少なくしたいところ。また、“思ったほど盛り上がらなかった”なんてことになっても、すぐ別の場所へ移動できるよう、都心をあまり離れず、かつ駅近のスポットを選ぶようにするのもポイント」

なるほど。目的をひとつに絞ってしまわず、その後のリスクヘッジも考えておいた方がいいってことですね。
大脇さん曰く、夜遊びはアクセスの良さが命。女子を誘うなら、いろいろな遊びが選べる都心からは、あまり遠く離れず、なおかつ一人ではなかなか行くチャンスのないスポットがオススメらしい
「初めは、色々な楽しみ方が一カ所でできるスポットを選んでみては? お台場にある東京レジャーランドや東京ジョイポリスといったような、都内の複合アミューズメント施設がいいかもしれません。こういったスポットは、実は女性との夜デートには特に力を発揮します。女の子は飽きっぽい動物。“ひとつの遊びは30分まで”を目安に、彼女たちに考える暇を与えず、次々と連れ回せれば、こっちのものです」

夜ビギナーのスポット選びは、都心に近いアクセスの利便性と、楽しみ方のバリエーションの豊富さがポイントになってくるよう。その辺りをしっかりふまえて、(できれば女の子と楽しめる)夜のスポットを探し、始めてみます!

会社帰りにできる、夜の競馬体験!



夜ビギナーにとって、会社帰りの限られた貴重な時間を有効的に使うためには、移動時間をいかに抑えるかが課題。アクセスのよいスポット選びが重要なカギになります。好アクセスな立地にありながら、いつもとは違う新しい夜体験ができるスポット…うーん、なかなか条件が揃う所は見つからなさそう…。

「では、TCKのトゥインクルレースなんかどうですか?」

そう教えてくれたのは、夜の遊びに詳しいライターの大脇克浩さん。TCKとは、夕方から夜にかけて開催される競馬「トゥインクルレース」が特徴的な大井競馬場の愛称。なるほど! ここなら、例えば新橋駅から出発して最寄りの「大井競馬場前」駅まで行っても15分程度の好立地なので、会社帰りにも気軽に立ち寄ることができます!

調べてみると、場内スタンドには、有料ペアシートや競馬観戦をしながら食事できるレストランなども用意されているみたいなのですが、ここって女子との夜デートにも有効なのではないでしょうか? 

「いいと思いますよ。女性は一人では遊びに行きにくい未体験スポットには強い関心を示すもの。“会社帰りに馬を見に行こう”なんてさらっと誘ってあげると効果的かも。レースが終わってからも、繁華街へすぐに移動できる距離なので、そこからさらにもうひと遊び…というのもできますからね」

うーん、俄然楽しそうな予感がしてきたぞ! 気になるあのコを誘うため、とりあえず下見へ行くことに!
都心に近い立地で、アクセスの利便性が魅力のTCK(大井競馬場)。東京モノレール以外にも、京急本線「立会川」駅からの徒歩移動も可能。さらに「大井町」駅、「大森」駅、「錦糸町」駅から無料バスも利用できる
と、会社の終業時間を待って、早速向かった「大井競馬場前」駅。「浜松町」駅から東京モノレールで2駅と、確かに近い!運河の上を走る羽田空港行きのモノレールに旅情を駆り立てられつつ、目的の駅へ到着。 競馬場へ向かう人の流れに身を任せて進むと、あっという間に入口ゲート。入場料100円を払ってさらに進むと、パドックの人だかりが見えてきました。ライトに照らし出された光の中で見る馬のしなやかな体躯や毛ツヤは、昼間とはかなり違った印象で新鮮! スタンドに移動すると、食べ物や飲み物を手にしたたくさんの観衆が、思い思いにレース観戦を楽しんでいます。ゴール前の直線になると、あちこちから上がる大歓声が、ゴールの瞬間を盛り上げていました! うーん、これは場内の雰囲気を体感するだけでも、元気になれそうな気がしましたよ!

ふと見回してみると、仕事帰りとおぼしきスーツ姿の男性もかなり多く目につきます。カップルや女性の姿も想像以上に多く、これなら臆することなく、女子をデートに誘うことができそうです! 開放的な夏の夜に、競馬場でデート…。日常とはかけ離れたなシチュエーションに、その後の展開も、なんだか期待できそうですね! 夜を楽しむために、まずは考えたいアクセスの利便性。
「ちょっと立ち寄り」ができるスポットは
飲み屋ばかりではなく、探せばいろいろあるんですね。
それにしても、夜の競馬場の活況具合は想像以上でした!
新しい会社帰りの立ち寄りスポットに、
ぜひ加えてみてください!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

ブレイクフォト