気になる“あのコ”のシゴトーク/33

澤山璃奈「やりたいし、できる状況だったから」

2011.07.21 THU


撮影:小島マサヒロ
その日の澤山璃奈ちゃんは、朝から成田山新勝寺の参道にあるグルメスポットを博多華丸大吉のふたりと一緒にレポートしていた。日本テレビの生放送番組『PON!』の、「行けば大吉!週末華丸スポット」というコーナーである。

「今朝は、5時15分に起きていきました。華丸大吉さんは直接いらっしゃるんですが、私は1回日テレに行ってメイクと着替えをしていくので、早いんです」

でも、もう慣れたもの。昨年の4月から、同番組で璃奈ちゃんはお天気コーナーを担当し、この4月からレポーターを任されたのだ。

「お天気お姉さんのときは型にはめてやっていたんですけど、今はもっと自由で。一応台本はありますが、『目の前でウナギが焼かれています』くらいなので、あってないようなものです。『この子、いる意味あるの?』なんて思われないよう、頑張ってます」

そのおかげで、金曜の午前10時過ぎに日テレを観れば、かなりハリキッた璃奈ちゃんを拝むことができる。彼女が現役のプロフィギュアスケーターであることを知れば、さらに驚く人も多いだろう。

「一時期、どうすべきか悩んだこともあって。大学生だったから限られた時間の中で、スケートで海外に行こうか、芸能生活に絞ろうかとか迷っちゃったんです。でも、どっちもやりたいし、やらせてもらえる状況だったこともあって、両立を選びました。今の日本だと私のようにやってる人はいないんですけど、海外だとモデルやりながらアスリートをやってるような人もいるんですよ」

「あまり考えすぎずに流れに身を任せたい」とか。悪い意味ではなく、自然と答えを出すためのプロセスなのである。だから、来るものは拒まずいろんなことにチャレンジしているのだ。たとえば、写真集やDVD。

「先日出した写真集の『R22』は大人な感じに仕上がったと思います。今度、『REENUS』というDVDも出すんですが、これも大人な感じだし、いやらしくもないと思います。筋肉ついてるし、黒いし。リアルな私の姿を見ていただけるんじゃないかなと思います」

璃奈ちゃん、ほかにもランニングにハマっているのだとか。とにかくいろんなものに挑戦したいようである。そのひとつに、恋愛もあるご様子。

「最近、恋愛観が変わったんです。世の中的にいろんなことがあって、自分の中でゆずれなかった小さな条件よりも、一番頼りになる“人間性”が重要だと思い始めて。絶対年上じゃなきゃダメって思ってたのが、気にならなくなったり。あ、今彼氏がいるかですか? う~ん…常に好きな人はいるって感じです(笑)」
(吉州正行)

  • 澤山璃奈(さわやまりな)

    1988年神奈川県生まれ。小学校2年からスケートをはじめ、04年からはモデル活動も。現在はプロに転向し、プリンスアイスワールドに所属。最近はまっていることは、走ることだとか。「どんなスポーツでも走ることは大事なんですが、私はずっと避けてたんです。単純な作業がすごく苦手で。でも、いざやってみると楽しいんです」。今ではコニカミノルタ ランニングプロジェクトのナビゲーターも務めるほどに
  • 『REENUS』

    大学を卒業してさらに“大人”になった璃奈ちゃんの魅力が詰まったDVDだ。「きゃぴきゃぴはしていませんが、泳ぐシーンもあるので、一緒に遊んでいるような感覚で観てほしいですね。リラックスしてたりかっこつけたり、私のいろんな部分を感じてもらえたらって」7月25日発売。3990円

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト