大調査! スマホライフ未来予想図

第4回 スマホユーザーの「できたらいいな」が叶う!

2011.08.11 THU

大調査! スマホライフ未来予想図

“マルチディスプレイ”機能がスマホユーザーの夢を叶えてくれる!



さっそく20代のスマホユーザーにアンケート調査をしてみると、ありそうでなさそうな現実的なものから、はるか未来の物語まで、いろんなアイデアがあふれ出てきました。
※全国の25~34歳のスマートフォンユーザーの男性会社員100人へのインターネット調査結果(2011年7月実施・R25調べ)

「家中の家電と連携してほしい」(23歳・千葉県)、「画面に触らないで操作できるようになってほしい」(25歳・高知県)、「病院の診察券機能付き」(28歳・福井県)、「地方のローカル局がすべて観たい」(27歳・神奈川県)、「空気清浄機にもなってほしい」(22歳・京都府)、「3Dでスポーツ中継がみたい」(30歳・東京都)などなど…。

なかには「臭いを識別できるように」(27歳・奈良県)という、どういう用途に使うのか分からない不思議なアイデアもあったり(笑)、逆に「国会中継に参加したい」(23歳・熊本県)というツワモノまでも…。それにしても、みなさん共通するのは、これからのスマホの可能性にもっと広がりを求めているということ。

そしてそんなアンケートの中でも特に多く見受けられたのが、スマホ本体だけでなく、スマホと他の機器をリンクさせることでの広がりを求める声でした。

「スマホのゲームデータを家庭用ゲーム機にリンクして自宅でも遊べるようになってほしい」(24歳・大阪府)や、「スマホで撮った写真を自宅のデジタルフォトフレームなどに転送できるシステム」(21歳・静岡県)、「カーナビとリンクして、スマホで調べたことを地図に反映させたい」(28歳・福岡県)、「スマホで作った自分の広告を、電子看板に表示させたい」(29歳・東京都)など、さらにスマホの可能性が広がりそうなアイデアも続々と…。

ユーザーたちの「できたらいいな」の範囲は、もはやスマホ本体だけじゃなく、様々な他の端末や場所へと広がっているんですね。スマホで観ている番組を様々な機器で視聴できたり、データをリンクできたり…、そんな“マルチディスプレイ展開”が、どうやらスマホの“未来予想図”の重要なひとつになることは間違いなさそうです。

そして現在、スマホ向け放送局の「mmbi」では、そんなマルチディスプレイ展開を踏まえた開発も進行中。ユーザーの「できたらいいな」の声を集め、いろんな便利シーンに役立つようなシステムを研究しているようです。
スマホ、カーナビ、デジタルテレビ、電子看板…世の中が進化するほどに増えるデバイス。スマホが便利になるほどに、そこでできることが他のデバイスでもできれば…と思うのはワガママでしょうか? いやいや、当然です。mmbiに期待してます! イラスト/室木おすし
例えば、Wi-Fi技術を利用して、スマホで観ていた番組・コンテンツをパソコンやテレビ、タブレットで観たり、スマホだけでなくカーナビや携帯音楽プレイヤー、デジタルフォトフレームで番組・コンテンツを受信、なんてことも…。さらに、帰宅中にスマホでmmbiの番組・コンテンツを観ながら家に着いた時に、スマホをテレビにピッと向けると観ていた番組・コンテンツの続きがそのままテレビの大画面に移動する、なーんてことができたら、なかなか便利ですよね。

と、期待はどんどんふくらみますが、要するに、スマホの画面にとどまることなく、様々なシーンで番組・コンテンツを楽しめるようになるわけです。そしてスマホで楽しんでいたものを大きな画面でみんなと共有すれば、きっと楽しさも倍増ですね! 「mmbi」は次なる“スマホのミライ”をどう描いているのか? 詳しくは「mmbi」ホームページを今すぐチェック! 投稿募集はこちら 「mmbi」が開発している「マルチディスプレイ」サービスなら、スマホだけにとどまらない、ユーザーたちのさらなる「できたらいいな」を実現してくれるはず。たった1台のスマホから世界へ…。新しい発想でスマホの“未来予想図”を描く「mmbi」の展開は、これからも目が離せないぞ。

皆さんの投稿を募集中!

右下の投稿ボタンから投稿してください。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト