OFFで役立つグッズ!

カードを集めてライダーとバトル!? AR技術で進化したカードダス

2011.09.08 THU


専用アプリでのライダーとのバトルは、コマンド方式なのでアクションが苦手でも問題ない。専用アプリはiPhone 3GS、iPhone 4、iPod touch (第4世代)、iPad 2対応で、カードを持っていなくてもAR機能を体験できる。「ワンピース ARカードダス」も同時発売
子どもの頃に好きなキャラクターを求めて集めて遊んだ懐かしの「カードダス」も今年で20周年。アナログトイの代表格だったカードダスも、デジタル時代に合わせて遊び方が進化して、「データカードダス」や「ネットカードダス」なんてバリエーションも登場している。

そのカードダスに、デジタル技術を組み合わせた新しい遊び方を提案するのが「ARカードダス 仮面ライダー」だ。このARとは「拡張現実」のことでし、現実空間に仮想空間を重ね合わせることができる今話題の技術だ。

ARカードダスには「仮面ライダーオーズ」をはじめ「仮面ライダーW」や「ディケイド」「電王」などのライダーたちが登場しており、その点は従来のカードダスと同じ。新しいのはカードの裏面にあるAR技術を応用した「ARマーカー」だ。

カードを机の上に置き、iPhone向けに無償配布している専用アプリでARマーカーをスキャンすると、画面上に写ったARマーカーの上に3Dグラフィックのライダーたちが合成される。まるで机の上に動くライダーのフィギュアが現れたかのようだ。カードをスキャンする角度を変えることで、キャラクターを前後左右から見ることができ、画面にタッチすることでキャラクターたちに様々なポーズを取らせることができる。

スキャンしたライダーは、アプリ内の「コレクション」に自動的に追加されるほか、そのライダーと戦うこともできる。対戦でカードごとに指定された条件をクリアして勝利すると、次の対戦からそのライダーを自分のキャラとして使用できる。

カードを集めてスキャン、そして拡張現実でバトル! あらためて言葉にすると、仮面ライダーのストーリーみたいなスゴイことが現実になったと思いませんか?
(青山祐輔)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト