恋愛では追うのも追われるのも苦手。同じ速度で歩んでいける人が理想です。

初音映莉子

2011.12.01 THU

今週の彼女

1982年3月24日、東京都出身。98年にデビュー、翌年、女優としての活動も開始。最近の出演作は映画『ノルウェイの森』(10)、ドラマ『おひさま』など。ミツコ役を演じた映画『ミツコ感覚』が、12月17日から全国公開
凛とした表情と独特の存在感が男ゴコロをくすぐる、女優の初音映莉子ちゃん。まもなく映画『ミツコ感覚』が公開される彼女に、自身の“エリコ感覚”について存分に語ってもらいました!

─ 家族との関係や恋愛など、悩み多きミツコを演じてみて感じたことって、何でしょう?

「どうにかしたいのに何をしていいのかわからず戸惑っている…そんなミツコに、静かな怒りを感じながら演じていました。でも、考えてみると私にも同じような時があったんです。現状に満足できないのに、何が足りないのかわからないというような。そうやって迷いながらも生きていく感覚は、誰の中にもあると思うんですよね」

─ 劇中では初対面の男性に告白されますが、あれはアリですか?

「状況によりますね。私自身がハッキリとものを言う性格なので、その心意気は理解できますけど、相手を知ることが第一かな(笑)」

─ 恋愛では追う方ですか?

「追うのも追われるのも苦手です。同じ速度で歩んでいける人が理想ですが…なかなかいませんね(笑)」

─ 候補として、同世代のR25男子はいかがなものでしょう?

「素敵な方であれば何歳でも候補ですよ。最近、私は人間ひとりの持つパワーを信じようと思っているんです。その気になれば、不可能だって可能になる。前向きな気持ちで、ともに頑張りましょう!」

大野純一=撮影
平田真人=取材・文
大宝みゆき=ヘアメイク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト