気になる“あのコ”のシゴトーク/53

小原莉子「思い立ったらすぐに…」

2011.12.08 THU


撮影:堀清英
『週刊少年ジャンプ』(集英社)連載のマンガ原作のテレビ東京系アニメに『SKET DANCE』という作品がある。SKETとは「Support, Kindness, Encouragement, and Troubleshoot」の意で、スケット団という3人組が高校生活の困りごとを解決する…という建前でいろいろやらかすコメディ作品である。今回インタビューした小原莉子ちゃんが所属するバンドは、同作から生まれた音楽ユニットだ。

「作品中のエピソードで、主人公が学園祭で『The Sketchbook』というバンドを組むエピソードがあるんですけど、私たちは、オーディションで勝ち抜いて結成した、その“リアル版”なんです」

メンバーは莉子ちゃんを含む3人。作品の中では、莉子ちゃんはヒメコという、関西弁を話す女の子だ。

「実はオーディションを受けるまで、『SKET DANCE』を知らなかったんです。でも原作を読んでみたらすごく面白くて。ヒメコちゃん自身は『鬼姫』って呼ばれるくらいケンカが強い設定なんですが、私はどちらかというとホワホワしてるというか」

といいつつも、この日は緊張でガチガチだった莉子ちゃん。7月に結成したばかりで単独での取材は今回が初。ただ、話をしていくと次第にリラックスしていき、やがて「思い切りがいい」という性格が見えてくるのだ。たとえば、音楽を志した理由。

「もともと楽器なんて触ったことがなくて、音楽も聴かなかったんですけど、17歳のときに友達からバンドに誘われて、ギターを興味本位で触ったら、すごく楽しくて、そこで突拍子もなく『プロのギタリストになりたい』って思い立ったんです。『えい!』って感じでやってしまいました。」

現在21歳。わずか4年でそれを叶えたというから、立派なものだ。

「私は激しいロックが好きで、そういう曲もやれているので、すごく充実してます。夢は横浜アリーナや武道館のような大きい会場でライブをやることですね。あと、いつかは海外でもやってみたいですね」

ちなみに莉子ちゃん、プライベートの方面はというと、その性格ゆえか不思議なことになってるようで。

「私、一見食べるのをためらうようなゲテモノが好きで。最近、友達とカラフルなケーキを作ったんです。いちいち生クリームを赤、青、黄色でそのつど絞って飾り付けたら、作ってる最中に食べる気が失せるくらいグロくなりすぎて…。思い立ったらすぐやっちゃうんです(笑)」
(吉州正行)

  • 小原莉子

    1990年生まれ。2011年「The Sketchbook」のギタリストとしてデビュー。ちなみに好きな男性のタイプは「見た目はこだわらないんですが、優しくて財布のヒモがかたい人がいいです。私が野性的で、思い立ったらすぐ行動しちゃうタイプなので、それを制してくれる人がいいですね!」
  • 「The Sketchbook」

    多田宏(ボーカル&ベース)、小原莉子(ギター)、渡邊悠(ドラム)の3ピースバンド。9月28日、『道』『クローバー』2枚同時リリースでデビュー。莉子ちゃんいわく、「ファンの皆さんの背中を押すような、いろんな感情に合わせられるような曲を作っていきたいです」。2012年2月1日リリースされる3rdシングルはTVアニメ「SKET DANCE」の第四期オープニングテーマに決定している。
    12月25日には所属事務所主催のクリスマスイベントに出演決定!!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト