気になる“あのコ”のシゴトーク/55

橋本楓「まだまだこれから」

2011.12.22 THU


撮影:堀清英
インタビューはとある朝。取材場所となるavexの会議室に通されると、テレビに日本テレビの情報バラエティ『PON!』の生放送が映されている。そのとき、まるでタイミングを合わせたかのように、3人組のアイドルユニット、ChocoLeへの突撃インタビューが始まるのだ。今回インタビューするのは、そのメンバーの橋本楓ちゃん。テレビの中同様、やや緊張気味に答えるその姿はなんとも初々しく、ほほえましい。

「私はChocoLeのほかにアイドリング!!!にも所属していて、そこでは最年少だったんです。だから安心できる部分もあったんですが、ChocoLeでは逆に一番上で。『3人だけだし、しっかりしないと!』と思ってます。アイドリング!!!での経験を活かしながら、楽しんでやりたいです」

楓ちゃんはなんと14歳。ほかのふたりも中学生という、とっても若いユニットなのだ。ちなみにこの部屋には、ほかのふたりもなんとメイク中で同席(笑)。せっかくなので、意気込みを語ってもらった。

髙橋胡桃ちゃん「今までファンの方と握手をすることがなかったので、そんな機会がうれしいですね。音楽やいろんな活動を通して、遠くにいる人にもハートを届けたいです」

玉川来夢ちゃん「私はなにもかも初めてで、すべてが新鮮です。ファンの方の暖かい手紙や言葉が、こんなにも嬉しいとは思わなかったですね。私たちの歌で、癒やしを与えられたらって」

その「歌」とは、12/28発売のデビューシングル「ミルクとチョコレート」のことだ。

「かわいらしい印象の曲です。楓はこういうかわいい曲が大好きで。でもそれだけじゃなくて、すごく覚えやすくて耳に残る曲なんです。みんなにもたくさん聴いてほしいなって思います」

ちなみにChocoLeの目標は、所属事務所の大先輩で、70年代に一世を風靡したキャンディーズのような存在になること。

「そのためにも、まずはたくさんの人に私たちのことを知ってもらうのが目標です。いろんなところで握手会をやったりして、まだまだこれからです」

楓ちゃん、14歳とは思えないしっかりぶりで、ほかのふたりを引っ張っている。でも、学校や休日は、普通の中学生だ。ごくあたりまえの、女の子らしい一面も。

「外で遊ぶのが好きです。丸一日使って遊園地行ったりとか。あ、気になる人ですか?ん~、今はまだいないです。タイプは…優しい人?とか(笑)」
(吉州正行)

  • 橋本楓

    1997年神奈川県生まれ。2009年、アイドリング!!!に3期生として加入。11年9月にアイドルユニット・ChocoLeを結成。ちなみに苦手なものは「九九です!特に7の段が本当に苦手で、なければいいのにって思います」
  • 『ミルクとチョコレート』

    ChocoLeのデビューシングル!男の子と女の子の甘酸っぱい“関係”を3人が歌い上げる。「ミルクが女の子でチョコレートが男の子。そういう例え方もすごくかわいいと思います!」と楓ちゃん。12月28日(水)エイベックス・エンタテインメントより発売。1890円

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト