気になる“あのコ”のシゴトーク/63

LiSA「私は尽くすタイプ(笑)」

2012.02.23 THU


撮影:堀清英
LiSAを一躍スターダムに押し上げたのは、アニメ『Angel Beats!』での劇中バンド、ガールズ・デッド・モンスター、通称“ガルデモ”でボーカルを務めたことによる。アニメとともにガルデモは解散し、LiSAは2011年から新たなステージに立った。ソロ活動である。

「自分のやりたいことを形にするには、やっぱりソロじゃなきゃできないと思っていて」

「やりたいこと」は、年を重ねるごとに変わっていったらしい。最初は小学生のころ、「SPEEDさんみたいになりたい!と思って」。

「ダンススクールに通い始めました。で、中学のときにアヴリル・ラヴィーンを知ったとき、今度はバンドってすごいと思って、そっちに行きました。中2で始めたコピーバンドから、いろんなバンドをやりましたね。でもやっていることはほとんど一緒で」

目標があって、それに向かって頑張ってきたのだ。ガルデモで掴んだチャンスを足がかりに、今やりたいことは、“自分自身”だという。禅問答のようだが、しっかり理由があるらしい。

「私の中で、“LiSA”って実はすごく理想で、憧れの人なんです。いつも笑ってて、ステージではファンの皆さんに囲まれてすごくハッピーになれるし。プライベートはいつもそうなりたいと思うんだけど、やっぱり落ち込んだりふさぎ込んだりしちゃうときもあるので」

LiSAがこのたびリリースしたファーストアルバムは、そんな理想の“今”に至ることができたこれまでへの、感謝の思いを綴った1枚である。

「『LOVER“S”MiLE』というアルバムなんです。これまでの道のりで、そばにいてくれた皆さんや、みんなへの気持ち、過去の自分に対しても歌っているんですね。このアルバムには、そんないろんな気持ちが入っているんです」

ポップなアルバムのジャケ写とは裏腹(?)に、おおいに聴かせるアルバムである。

「これから、やってみたいことはすごくたくさんあって、そうですね。武道館みたいな、スタンディングもシートも両方あるステージに立ってみたいですね。ライブひとつでもいろんな楽しみ方をしてもらえるじゃないですか。私はライブのことを“デート”って呼んでいて、曲の順番とか、演出とか、とにかく考えるんです。だから『尽くすタイプ』ですね(笑)」
(吉州正行)

  • LiSA

    …という名前は、かつて所属していたバンド「Love is Same All」の頭文字から取ったのだとか。ちなみに好きな男性のタイプは「誠実な、安心できる人。嘘つかないで、アメカジ着る人ですかね。たとえるなら…トイストーリーのウッディとか!」とLiSAちゃん
  • 『LOVER“S”MiLE』

    スマイルとマイルをかけたタイトルは、LiSAのいろんな魅力が詰まった一枚だということを表している。「私が最初のころ目指していた“かっこいい”雰囲気や、ガルデモで得た“かわいい”方向が上手に組み合わさって、それが魅力になっていると思います」とLiSA。通常盤(CD)3150円、初回生産限定盤(CD+DVD)3800円、初回生産限定盤(CD+BD)4500円で発売中

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト