気になる“あのコ”のシゴトーク/65

遠藤三貴「追い込むのが…好き!」

2012.03.08 THU


撮影:林 和也(G.S.W)
遠藤三貴ちゃんが所属する仮面ライダーGIRLSは、それぞれが“担当ライダー”を持ち、それらを応援するという趣旨で活躍するアイドルユニットだ。そして三貴ちゃんは、最新ライダー“フォーゼ”担当の新メンバーなのである。

「加入できて、とても光栄です。オーディションのときは、まさか自分が合格するとは思っていなくて。まだ実感がわかないんですけど、メンバーやファンの皆さんと触れあったり、ブログにコメントをいただくうちに、自分はアイドルなんだなって思えるようになってきました」

というのも、加入したのは2011年12月とつい最近。初々しさたっぷりに答えてくれるのだ。そんな三貴ちゃん初の“大仕事”が、3月14日発売の新曲『咲いて』。PVではフロントの大役も務めた。

「私のデビュー曲でもあるんです。すごく前向きで、一生懸命頑張る大事さを伝える、メッセージ性の強い曲なんです。ただ、私はあまり歌が得意な方ではないですし、人前に立つのも緊張するタイプなので、まだまだ慣れない中でやっています」

といいながら、その歌いっぷりはもちろん、ダンスだって見事なもの。昨年まで高校生としてバスケに汗を流してきた賜物だろう。

「その分勉強はちょっと…なんですが、バスケはずっとやってて、小学校と中学校のときは大分県代表のキャプテンをやってたんですよ! 仮面ライダーGIRLSに入って、怒られたり失敗したりしたときにはすごく責任を感じるんですが、それをバネに頑張ろうと思えるのは、バスケの経験があるからだと思います」

つまり体育会系なのだ。実際、下の写真でポーズを取っている場所は2月の都内のビルの屋上である。もちろん、寒い。にもかかわらず、泣き言ひとついわずハキハキ動く姿がその証明。とても好感が持てる。

「頑張っている自分が好きなんです(笑)。目標はもうちょっとやせることです。ほかのメンバーと比べるとまだ“ぜんぜん”なので、1カ月につき1kg落としていきたいですね。追い込むのが…好きなんですかね!」
(吉州正行)

  • 遠藤三貴

    1992年大分県生まれ。2011年12月に仮面ライダーGIRLSのメンバーとして芸能界デビュー。ちなみに好きな男性のタイプは「一緒にいて楽しませてくれるような人です。クールよりも、仮面ライダーフォーゼの健太郎くんのような。友達思いで優しくて、一生懸命な男の人です」
  • 『咲いて』

    仮面ライダーGIRLS待望の3rdシングル。これまでとは打って変わり、落ち着いて聴かせてくれる一曲だ。「本当に前向きで素敵な曲なんです。私も聴いて励まされます」と三貴ちゃん。3月14日発売。DVD付き限定盤1890円。通常盤1260円

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト