気になる“あのコ”のシゴトーク/74

高橋胡桃「緊張はほぐれました」

2012.05.10 THU


撮影:堀清英
デビューして半年が経った3人組アイドルユニット、ChocoLeのひとりが、高橋胡桃ちゃんだ。約半年前、メンバーの橋本 楓ちゃんの取材時に(たまたまメイク中で)同席していたので、ラッキーついでに軽く話を振ったものの、ガッチガチに緊張していた胡桃ちゃん。だが今回はというと、すっかり終始リラックスしたご様子なのだ。

「あのときは緊張してなにを喋ったのかも覚えてないくらいですが、今はだいぶお仕事にも慣れてきて、積極的に話せるようになりましたし。最近はむしろ仕事を楽しめるようになってきました。でもそれだけじゃなくて、周りのことやファンの皆さんのことをしっかり考えなきゃ、って」

素晴らしい成長ぶり! それもそのハズ、私生活でも高校に入学したばかりと、大きな変化を迎えたお年頃なのだ。

「高校は、色々初めてのことが多いですね。電車の遅延証明とか、中学生のときにはなかったですし…。でも学校に自動販売機があることとか感動してます!」

毎日学校に行くのが楽しみなのだとか。さて一方、お仕事の中身だって充実している。テレビ東京で放送中のアニメ『GONーゴンー』にまつわるもの。

「GONの見た目は恐竜のようなんですが、正体不明の生き物なんです。GONは小さいのにすっごく強くて、森一番の実力者になるんです。でも友情を大切にする一面もあって、友達の大切さが心にしみる作品なんです」

そのエンディングテーマであるChocoLeの新曲『くちぶえピューピュー』を歌っているのだ。友情の大切さをうたったかわいい曲である。

「明るくてフレンドリーな曲なので、テンションが下がっているときに聞くと気持ちが前向きになると思います。あと、このお仕事を通して恐竜に対する意識がすごく高まりましたね! 授業で習ったんですけど、恐竜が地球上に存在した期間はすごく短いという説があるって知ってましたか? 私たちは“そう”ならないようにしないと(笑)」

胡桃ちゃんと話していると、仕事への取り組み方から垣間見えるしっかりした印象と、あどけなさという相反する魅力が同居しているように感じるのだ。

「でも、最近“女性”になってきたというか、体型を気にするようになりましたね。メンバーと恋バナとかは…あんまりしなくて、体型の話ばかりですね!」
(吉州正行)

  • 高橋胡桃

    1997年埼玉県生まれ。2009年ワタナベプロ主催のオーディションでグランプリを獲得し、デビュー。11年ChocoLeを結成。ちなみに今年の目標は、「単独ライブ」だとか。「演出や衣装を自分たちで考えたりとか、憧れますね。3人ともすごく仲が良くて、一緒にラーメンを食べに行ったりとかもするくらいなんです」と胡桃ちゃん
  • 「くちぶえピューピュー」

    ChocoLeのデビュー第2弾シングル! 熱い友情をかわいく歌い上げたポップな一曲だ。「曲はモチロンですが、怪獣のぬいぐるみコスチュームにも注目してほしいですね」と胡桃ちゃん。5月16日発売!CD+DVD1890円。CDのみ1260円。エイベックス・マーケティング

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト