多チャンネル時代本格到来!

7チャンネル増のBSの中身は?

2012.06.11 MON


Dlifeで放送中の「リベンジ」。人気急上昇中の女優エミリー・ヴァンキャンプが主演を務めている。字幕版、吹き替え版、両方のオンエアがあり、吹き替え版では主人公のエミリーの声を芦名星が担当し話題になっている Copyright:ABC Studios
若者を筆頭にテレビ離れが進んでいる、といわれて久しい。なのに、新しいチャンネルはどんどん増えている。3月からはBSデジタルで7つの新しいチャンネルの放送が始まった。

これでBSデジタルは有料・無料をふくめて計31チャンネルの大所帯に。そこで新しく加わった主なBSデジタル局の見どころを調べてみた。

まずは、このほど加わったなかでは唯一無料放送の「Dlife」(ch.258)。ニュースに情報バラエティー、ドラマに映画にディズニー作品と、幅の広い番組編成を行っている。特に海外ドラマのラインナップは新旧合わせて豊富。イチオシは、復讐鬼と化した美しきヒロインが人間らしい心を取り戻していくサスペンス『リベンジ』だ。真田広之も出演しているこのドラマ、アメリカでは大人気でシーズン2の製作も決定。主演のエミリー・ヴァンキャンプの美貌と存在感は、一見の価値あり!

彼女ウケを狙いたいなら「ディズニーチャンネル」(ch.256)がオススメだ。ミッキーやミニー、ドナルドらおなじみの面々による「ミッキーマウスクラブハウス」をはじめ、10周年を迎えた「スティッチ!」シリーズの最新TVムービーなど、ディズニーのプログラムを存分に堪能できる。矢口真里とオードリー春日が司会を務める「東京ディズニーリゾートMyマップ」は、来園の際に大いに役立ちそう。

スポーツ好きには一も二もなく「JSPORTS3&4」(ch.244&245)を推す。プロ野球は中日、広島、オリックス、東北楽天、千葉ロッテ主催の試合はすべて中継。メジャーリーグもダルビッシュ有をはじめ日本人投手の先発試合を放送。サッカーもJ1リーグ全試合に欧州で活躍する日本人選手の出場試合、またUEFAチャンピオンズリーグも網羅。さらにはモータースポーツ、ツール・ド・フランスまでカバーする“守備範囲”の広さが、何と言っても魅力だろう。

映画好きには「IMAGICA BS」(ch.252)と「BS日本映画専門チャンネル」(ch.255)を。「IMAGICA BS」はハリウッド大作からヨーロッパの秀作、時代を超える名画に海外ドラマ、さらにはオリジナル制作のドラマと、選択肢の広さが特徴だ。一方の「日本映画専門チャンネル」は、その名の通り邦画に特化。劇場公開から間もない最新作から不朽の名作まで、ハイビジョン&ノーカットで楽しめる。シリーズ一挙放送や未ソフト化作品など、マニア垂涎の企画がうれしい。

なお、「BS日本映画専門チャンネル」は月額525円、「BSIMAGICA」と「ディズニーチャンネル」は月額630円、「JSPORTS」は1~4チャンネルまとめて月額2400円。視聴方法については各家庭で様々な方法があるため個々に確認するといいだろう。

今や地上波やCS放送も合わせると300超という多チャンネル時代。そんなに増えても選びにくい…という声もあるが、専門チャンネルが増えた分、その分野のファンには見ごたえのある番組も目立つ。食わず嫌いをやめてチェックしてみると、意外な掘り出し物が見つかるかも。
(平田真人)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト