気になる“あのコ”のシゴトーク/80

成海璃子「結果はすぐに見えない」

2012.06.21 THU


撮影:堀清英
あるときはテレビCMで「ミラバケッソ!」と叫んでいたり、またあるときは大河ドラマで平安武士の娘だったり、成海璃子さんの活躍の幅はとても広い。そんな成海さんの最新出演作『LOVE まさお君が行く!』においては、テレビ番組のAD役だ。

「映画の助監督さんは身近に感じるけど、バラエティ番組のADさんは接することがないので、“そう”見えるか不安ではありましたね。知識がないので勉強しないといけませんでした。でも、ひとりの作業というより周りとの作業だと思うので、現場で私が『この人物ならどうするか』をイメージして動くようにしてます」

「やったことのないものや、よくわからないことにはすごく興味がある」という。今回の仕事はその点で刺激的だったようだ。

「監督から具体的な指示はほとんどなくて、『どうしたらいいか』を考えさせられるのはすごく新鮮でしたね」

加えて新鮮だったことは、犬との共演。本作はテレビ東京で放送されていた『ペット大集合!ポチたま』の1コーナーを映画化したもの。ラブラドールの“ダメ犬”まさおくんと、香取慎吾演じる鳴かず飛ばずの芸人、松本秀樹の珍道中と心の交流を描く娯楽作だ。

「“タレント犬”といわれるしつけられた犬とは違って、自由に動き回ってしまうので、香取さんは大変そうでした(笑)。私もトイプードルを飼っているんですが、大きさも何もぜんぜん違いますね。でも香取さんが仲良くならなければいけないので、私はあえて遊んだりはしないようにしてました」

ハッキリものごとをいう成海さんとの会話はすがすがしい。「演じての感想は?」と聞くと、意外だが明快な回答が。

「なかなか客観的に観られないので、DVDになってからくらいじゃないとわからないんです。周りの人が『よかったよ』と言ってくれても、試写だと自分のダメな部分に目が行っちゃって…」

それは、自身の成長についても同じ。これだけ多くの役をこなして、19歳にして女優歴12年のベテラン。さぞやいろいろ出てくるかと思いきや。

「まだわからないですね。自分が変化しているとは思うんですけど、何がどうかというのは…。ただ、今までは人に興味を持てなかったのが、すごく人に優しくなって、人が好きになったというのはあります。でも仕事としては、ぜんぜん自分を発揮できていません。まだまだ悔しい思いもしてるし、もっと頑張らなきゃって思ってます!」
(吉州正行)

  • 成海璃子

    1992年神奈川県生まれ。2000年ドラマ『TRICK』でデビュー。プライベートは「写真が好きで、日常的に撮ってますね。休みの日は…映画館行ってレコード屋さん行って本屋さん行って…という感じですかね。『作る』ということが好きなので、おもしろい人たちにいっぱい出会いたいって思います」
  • 『LOVE まさお君が行く!』

    日本一のダメラブラドールまさおくんと、芸人松本くんの成長と交流を描く、笑いあり涙ありの“ラブ”いっぱいエンターテインメント。「犬との撮影は大変なことが多かったですね。だから“ドキュメンタリー”のような作品でもあります」と成海さん。香取慎吾、広末涼子、成海璃子、光石研ほか豪華キャストが出演する。6月23日(土)全国ロードショー
    (C)2012『LOVE まさお君が行く!』製作委員会

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト