OFFで役立つグッズ!

スマホ対応した懐かしボードゲーム

2012.07.10 TUE


アプリケーションは無料でAndroid、iOS両対応。プレイ人数は2~5人。対象年齢9歳以上
みなさん、ボードゲームって最後にいつ遊びましたか? 1970年代生まれの少年たちにとっての「ゲーム」は、将棋やオセロ、トランプ、すごろくなどのアナログゲームが中心で、デジタルゲームといえばせいぜいゲームウォッチ程度。そんな時代である1980年代に一世風靡をしたのがボードゲーム です。

今回ご紹介するバンダイの「絶叫!おばけ屋敷ゲーム」は、1980年に登場し累計80万個以上を売り上げた大ヒット作「おばけ屋敷ゲーム」のリニューアル版。日本の妖怪やお化け、西洋のモンスターや幽霊などがパッケージや盤面にあしらわれたおどろおどろしい世界観を記憶されている方も多いことでしょう。

発売から30年の時を経て、“おばけ屋敷”もスマホ対応。専用アプリをダウンロードしたスマホをボード上に設置して遊べば、ゲーム進行にあわせてリアルな映像や音、振動を多用した演出とともに、よりスリリングなイベントを楽しむことができます。

イベントは、般若が出るまでプレイヤー全員が順番に画面をタッチしていく「皿屋敷ゲーム」や、あらかじめ撮影したプレイヤーの写真に心霊現象が映り込むとそのプレイヤーがペナルティを受けるものなど、恐怖心をあおるものばかり。また、ゲーム中突然スマホが鳴ったり振動したりとビビらせるドッキリ演出にとどまらず、ボスおばけとの対決という、ゲームのメインイベントでもスマホは活躍。かつてはカードを見比べて、勝敗の判定を人力でやっていましたが、専用のチップを画面にタッチさせることで勝敗がわかるようになったのはスマホ対応ならでは。

もちろんスマホがなくても遊べるこちらのゲーム。昔を懐かしんで友達同士でやるのもいいですが、恐怖レベルもコントロールできるので、小さい子どもと遊んであげつつ、怖がらせてみるのも大人の役割のひとつかもしれません。
(熊山准)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト