OFFで役立つグッズ!

軽くてタフな自分目線ビデオカメラ

2012.07.18 WED


本体内蔵バッテリーでの連続録画時間は約2.5時間。動画形式はMPEG-4/H.264。約500万画素の静止画撮影も可能。記録メディアはmicro SD/SDHCカード。撮影動画を8GBまでアップできるストレージサービスも無料で提供される
自転車やクルマで走っている模様をまるまる録画する「走行動画」。YouTubeやニコニコ動画などの動画共有サービスでも数多くアップされているジャンルですが、海外では、サーフィンやスノボ、パラグライダー、バンジージャンプなどのスポーツやアウトドアアクティビティでも、一人称の視点で撮影された動画は高い人気を誇っています。

あたかも自分が経験しているかのような気分が味わえる映像の数々ですが、見ているうちに自分でも撮りたいと思った方は少なくないのでは? とはいえデジカメやスマートフォンを手持ちにしての撮影は難しくて、何より危険です。

そこで、自分目線動画の本場(?)ともいえる欧米・イギリスからやってきたウェアラブルビデオカメラ「ION AIR PRO」はいかがでしょうか。ION AIR PROはわずか130gの軽さながら防水や耐衝撃性能まで備えたタフなフルHDビデオカメラ。別売で用意されたマウントキット「ヘルメット&バイクキット」(実勢価格:5980円)と組み合わせれば、気軽に走行動画を撮影することができます。

類似の製品もありますが、通常オートバイでの撮影はヘルメットをかぶっているためビデオカメラの操作がわかりにくいもの。しかしION AIR PROの録画はワンクリックで始まるうえに、録画中は本体が振動するので撮影中か否かはすぐにわかるのも嬉しいところ。録画ファイルも大きなフルHDサイズと小さなQVGAサイズの2サイズを同時記録できるので、「QVGAは現地でアップ、フルHDは帰宅後ゆっくりアップ」といった使い分けができるなど、細かな気配りが行き届いています。

また、本体上部には別売のアクセサリ「PODZ」が装着可能。数々のPODZにより、外部電源による連続録画や、Wi-Fi通信、リモコン操作などの機能を追加することができます。

これさえあれば手軽に始められる自分目線の動画撮影。いっそ帽子に取り付けて歩いていたら…通報されますかね。
(熊山准)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト