リバイバル商品続々登場!

“復刻モノ”で童心に返る夏休み!

2012.07.20 FRI


昨年大幅にリニューアルし、発売当時をイメージしたパッケージで登場した「スプライト」。今年はさらに春からボウリングをモチーフにした新キャンペーンを実施して、瞬間的なさわやかさを、印象的に伝えている。
子どものころの夏休みって、どうしてあんなに楽しかったんでしょ。たくさん遊んで、好きなお菓子を食べて、炭酸の効いたジュースを飲んで、また遊んで…思い出すだけで胸がキュンとしません? ああ、あのころの感覚を思い出してみたい! そんな僕らに朗報。最近、僕らが子どものころに夢中だった商品が、続々と再登場しているんです! そこで、これらのリバイバルグッズを使って、子ども時代の楽しさを思い出し、童心に返る夏休みのプランをご紹介します!

まずは当時を思い出しておもちゃで遊びたい! 僕らが子どものころに大流行したおもちゃといえば…そう、ミニ四駆ですよね。タミヤは、ミニ四駆誕生30周年を迎えた今年、新しいミニ四駆REVシリーズを発表。その第1弾は、なんとあの名車「アバンテJr.」の後継機「エアロアバンテ」だそう! ほかにも、当時は限定販売だった「ダッシュ1号・皇帝(エンペラー)」や「ダッシュ0号・地平(ホライゾン)」、「サンダードラゴン」「ホットショットJr.」などなど、R25世代の心をグッと掴んだ名車が続々再販されています。当時は手が出せなかったパーツの数々も今なら買えるはず。童心に返って思う存分に改造しちゃいましょう!

遊んで喉が渇いたら「スプライト」! 1970年から80年代にかけて大人気となったスプライトが、当時をほうふつとさせる味と、初登場時の緑のガラス瓶をモチーフにしたパッケージでこの春から、再登場! クリアで爽快な飲み口、キレのあるレモンライムテイストと、喉をグッと締め付ける強炭酸。ヘトヘトになるまで遊んだ後のスプライトの美味しさといったら、思い出すだけでたまりませんよね!

しかも今、スプライトの公式サイトでは、なんとファミコン時代の名作『ゼビウス』を無料ですぐに遊べちゃう! 懐かしいあの音楽とグラフィック。自機「ソルバルウ」の操作はマウスかキーボードから選べ、簡単にプレイできます。敵を倒して、そしてスプライトを飲んで、Wで爽快感を味わっちゃいましょう! コカ・コーラ社のサイトIDでログインすれば、全国ランキングに参加することもできます。


スプライトのおともには、「ビックリマンチョコ」をいかが? 今なら、東日本地区先行で、復刻第2弾として『ビックリマン伝説2』を発売中(全国発売は8月28日~)! ここで突然ですがクイズです。ビックリマン第2弾のヘッドはだーれだ? 正解は…「スーパーデビル」でした。シールも魅力ですが、サクサクのウエハースではさんだチョコも美味しいですよね。炭酸との相性もバツグンです。しかもこの復刻版は、シールの裏面がGREE・mixiの2サイトで展開しているソーシャルゲームと連動しているそう。シールのキャラクターをゲーム上で使えるというのは、昔にはなかった面白さですね。

遊んで、食べて、夕方になったら部屋でごろごろ。4月に発売された『キン肉マン』の最新刊38巻で、24年前のラストシーンの続きを読んだり、ガンプラを買ってきて組み立てたり。夕食は子どものころに好きだったものを食べて、お風呂に入って、いつもより早めに寝ましょう。

いかがでしたか、この夏注目の“復刻モノ”で童心に返る夏休み計画。たまには仕事を忘れて、無邪気に遊んで心身ともにリフレッシュしましょう!(島尻明典/verb)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト