監督は『アップルシード』の荒牧氏

スターシップトゥルーパーズの見所

2012.08.02 THU


『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』音信が途絶えた戦艦で企てられた地球滅亡のシナリオとは? 新宿ピカデリーほか全国公開中
(c)2012 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc. All rights reserved.
ロバート・A・ハインラインの傑作SF小説『宇宙の戦士』を原作とする映画『スターシップ・トゥルーパーズ』。この大人気シリーズの最新作が、生誕15周年記念の今年、これまでの実写版を凌駕する初のフルCGムービーとなってついにベールを脱ぐ!

まずは歴史をおさらいしよう。

近未来、軍部主導の地球連邦が宇宙での植民地支配を進める中、軍は昆虫型宇宙生物“バグ”と全面戦争に突入していた。高校を卒業した主人公ジョニー・リコは、兵役に就けば付与される“市民権”を得るため入隊する。憧れの同級生カルメンはパイロット部隊に、友人で超能力者のカールは情報部に配属。エリートコースを歩む2人とは異なり機動歩兵隊に配属されたリコは、前線で日々バグとの激烈な戦闘に明け暮れる。(第1作)

開戦から11年の歳月が過ぎ、戦いは泥沼化する。惑星Pの戦いで英雄となったリコ大佐は、防御基地の要となる惑星ロク・サンで陣頭指揮を執っていた。そこへバグが防御壁を突破し、基地は壊滅状態に。その責を問われ絞首刑判決が下されたリコに、連邦軍高官らの救出作戦の特命が…。(第3作)

最新作の『~インベイジョン』では、バグの攻撃を受けた宇宙基地から秘匿貨物を運び出すため、超能力戦略担当大臣カールがカルメン艦長の戦艦ジョン・A・ウォーデン号を強引に支配下に置いたことで地球は滅亡の危機に。将軍ジョニー・リコは、この絶体絶命のピンチにどう立ち向かうのか?

そんな今作で着目すべきは、監督が日本人だということ。率いたのはハリウッドが熱烈オファーした『アップルシード』の荒牧伸志監督なのだ。原作のパワード・スーツに並々ならぬ思い入れがあるという監督ならではの、機能美を備えた新型スーツはまさに必見。荒れ狂うバグとの妥協ない壮絶バトルはそのままに、スリリングかつダイナミックに展開する伝説の宇宙戦争がこの夏開戦する!
(足立美由紀)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト