普段は寡黙で、いざという時にリードしてくれる男性が好きです

芦名 星

2012.08.23 THU

今週の彼女

1983年11月22日生まれ。福島県出身。モデルデビューののち、06年日伊加合作映画『シルク』のヒロインに抜擢。東京セレソンDXの解散公演となる『笑う巨塔』は、10月3日から東京池袋より全国7カ所で上演される。チケットは発売中
とび職人や代議士など腹にイチモツ抱えた面々が、病院の待合室で勘違いや行き違いの爆笑ドラマを繰り広げる舞台『笑う巨塔』。ヒロインを演じるのが芦名 星さん。

─ 芦名さんの役どころは?

「主人公の富雄に、小さなころから思いを寄せる役です。10年ぶりに再会して、富雄は大人の女性になった私にとまどいながらも子ども扱いして、私は私で恋人になりたいと思っていて、そこですれ違いのドラマが生まれるんです」

─ 芦名さんにとって舞台とは?

「長い期間、同じキャストとスタッフで試行錯誤しながら、舞台を作り上げていくので表現の勉強になります。あと、何回舞台を踏んでも、緊張しますね。事務所の偉い人が観に来ていたりすると特に…」

─ プレゼン前のビジネスマンのようですね(笑)。そんな芦名さんがリラックスできるオフの過ごし方は?

「家族や仲間と地元・福島で外遊びすることですね。BBQをしたり、川をボートで下ったりするので、虫刺されや生傷が絶えません(笑)」

─ 好みの男性もアウトドアな人?

「はい。でも賑やかな人よりは、普段は寡黙だけどいざという時はリードしてくれる人が好きです」

─ ではR25世代にメッセージを。

「まだまだ暑い日が続いて大変ですけど、お体に気をつけて遊ぶ時は目一杯遊んでくださいね。仕事のストレスなら、私の舞台で大いに笑ってもらうのが一番かも(笑)」

大久保聡=撮影
熊山 准=取材・文
大森裕行=ヘア&メイク
Funna=スタイリスト

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト