[髪切った?」の一言の前に

髪型からわかる女の子の心理とは

2012.10.27 SAT


左右いずれも髪の長さは同じだが、髪をまとめる位置で印象は大きく違う。左のようにアップにすると活発な印象に、右のように首元でまとめると落ち着いた雰囲気になる
ショートヘアの女の子は明るく活発、ロングヘアの女の子は清楚で女性的…。ボクらは無意識のうちに、女子の髪型にステレオタイプなイメージを抱きがち。だけど、実際に髪型と性格には何か関係があるのだろうか。

「性格が100%わかる! とまではいえませんが、心理状態を強く反映しているのは間違いない。髪は他人の目に触れる部分ですし、周囲に何かを伝えられるツールの一つ。ある意味で、“髪型は心の一部”ともいえるでしょうね」

こう説明してくれたのは、『人は見た目が9割』の著者・竹内一郎さん。では、髪型と心理状態はどのように関連しているのだろう? その具体的な例を、お客さん一人ひとりとカウンセリングをしてから髪のカットをするというパーソナル美容師のHISANAOさんに聞いてみた。

「髪型の印象は、長さ・色・前髪・ボリュームの組み合わせで決まります。例えば、要望が『幼く見られがちだから、落ち着いた大人っぽい印象にしてほしい』であれば、おでこに前髪を長めにおろして、襟足にボリュームを持ってくる。逆に、『活発な印象に』なら、明るいカラーリングでおでこを出して、ショートカットもしくはポニーテールなど。髪型は女性が周囲からどう見られたいのかを反映しているともいえるので、そこから逆算すれば心理状態を分析することは可能だと思いますよ」

ただ、竹内さんによれば、髪型そのものよりも、“髪型をどう変えたか”を観察する方が、女子の心理状態を推測しやすいという。

「現状を維持しているということは、“何か変えたい”という欲求がない時。つまり、現状に満足しているということです。一方、髪型を変えるときは気持ちを切り替えたいわけですから、現状に不満がある可能性が高いですよ」

つまり、ショートカットで明るいカラーリングの女子が、暗めのカラーで前髪をおろしロングヘアのエクステを付けたら、若々しいイメージを嫌い、大人っぽくミステリアスな印象を持たれたがっているということに。ということは、もしその子を口説くのなら、賑やかな居酒屋より、シックなバーに誘ったほうが好印象につながりそうだ。

髪型から女の子の気持ちが分かれば、モテモテライフも夢じゃない! 「髪切った?」と声をかける前に、まずは髪型をよ~く観察してみよう。
(森石豊/Office Ti+)

※この記事は2011年02月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト