思わず欲しくなる!

iPodを高音質にする不思議な箱

2012.11.08 THU


icon mobileの大きさはiPod classicより一回り小さくて、旧iPod nanoより一回り大きいくらい。付属のシリコンバンドでプレーヤーと一緒に束ねると持ち運びしやすい。リチウムイオンバッテリーを内蔵しており、充電はUSBケーブルでPCなどと接続して行なう
先日、音楽好きの友人がiPodに不思議な機械をくっつけて音楽を聞いていた。その機械の正体は「icon mobile」というポータブルヘッドホンアンプだった。

ポータブルヘッドホンアンプとは、イヤホンと携帯音楽プレーヤーの間に接続して、音量を調整するもの。プレーヤー単体でもボリュームを調整できるのに、どうしてわざわざ使うのかというと、一部の高級イヤホンを携帯音楽プレーヤーで使うと音が小さくなってしまうからだ。

高級イヤホンの中には、インピーダンスという電気回路の特性を示す数値が、一般的な製品よりも大幅に高いものがある。インピーダンスを高くすることでノイズが減るが、その代わり音量が小さくなってしまうのだ。それをアンプによって補うことができる。

もちろん、ただデカい音が出せるってだけじゃない、ヘッドホンアンプはメーカーごとに回路に工夫を凝らし、電子部品にも高性能なものを使っており、携帯音楽プレーヤー単体で聞くよりも音質が向上するのだとか。実際にICON mobileを使ってみると、明らかに音量が大きくなった。プレーヤー単体で聞くときよりも音の厚みが増し、低音がよく聞こえる印象を受けた。

これまでポータブルヘッドホンアンプはマイナーな存在だったが、最近になって国内メーカーからも発売されたり、家電量販店に専用コーナーを設置するところが出てきたりするなど、にわかに注目されつつある。

イヤホンを高級なのに買い換えてみたけど、音量が小さいとか、もっと音質にこだわりたいとか、いまいち満足していな人は一度試してみることをオススメする。
(青山祐輔)

※この記事は2010年04月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト