気になる“あのコ”のシゴトーク/90

梨里杏「純粋な女の子を演じたい」

2012.09.07 FRI


撮影:堀 清英
BeeTVで放送されているドラマ『親父の仕事は裏稼業』は、脚本・監督・主演すべてを杉良太郎さんが務めたという珍しい作品だ。そんななかでも梨里杏ちゃんは、杉様演じる松田組四代目松田五郎の愛娘という大事な役どころだ。そして、絵に描いたような不良娘なのである。

「見た目からなにから、自分とは全然違う役なので、演じていてすごく楽しかったですね。ただ、少し気持ちがわかる部分もあって。裏稼業といいながら、礼儀やしつけに対しては厳しい家庭なんです。私の本当の家族も、割と厳しくて門限は6時とか、中学生までは出歩くときにお母さんが付いてくるような感じだったので」

といいつつ、同作品は心温まるホームドラマである。

「私の演じる役は、家族の中で孤立していますし、次々にピンチが訪れるので、『どうなっちゃうの?』って思うと思いますが、最終的には家族の絆の強さがわかるような物語なんです」

作中ではやんちゃであるが、梨里杏ちゃん自身は品行方正を絵に描いたような女の子だ。作品中では金髪だったがそれはウィッグ。実際は、一度も髪を染めたことがないのだとか。しかし、「こうしたい」という欲求はしっかり表すタイプだったご様子。

「小学校2年から子役タレントとしてCMや雑誌でちょこちょこお仕事をしていました。自分からその道を志したんです。NHKの『天才てれびくんワイド』に憧れてたんですけど、そうしたらお母さんが『芸能事務所に入らないと出られないんだよ』って教えてくれて。そこからですね」

かくして芸能界に入る。そして現在、もっとも興味があるのは、“女優業”だという。

「バラエティに出たいと思ってデビューしたんですが、中学時代から舞台をキッカケに女優業が楽しくなり始めて。でも私、自分のありのままのような役どころって、実はまだないんです。だから今後は、純粋な女の子を演じてみたいですね(笑)」
(吉州正行)

  • 梨里杏

    1993年東京都生まれ。小さいころから芸能界を志し、『小学一年生』などでモデル活動を開始。「おもちゃのCMなんかに出ると自分が“変身”したりするじゃないですか。小さいころはそういうことに驚いてましたね」。2011年第3回 集英社「グラビアJAPAN2011」週刊プレイボーイグランプリ受賞舞台「るつぼ」に出演決定!2012

    年10月29日〜11月18日まで新国立劇場にて公演。チケット販売中!
  • 『親父の仕事は裏稼業』

    杉良太郎が主演、監督、脚本を務めたBeeTVのドラマ。“裏稼業”という独自の世界を舞台にしながら、心温まるホームドラマに仕上がっている。「思い出に残っているのは杉監督とのシーンです。私のせいで問題が起きてしまって、それを五郎が冷静に指摘するんですが、すごく心に突き刺さりましたね」と梨里杏ちゃん。BeeTV&VIDEOストアで絶賛配信中! アクセスはドコモの携帯から。【iモードならBeeTV】 iメニュー>動画>BeeTV 【スマホならVIDEOストア】 dメニュー>dマーケット >VIDEOストア

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト