OFFで役立つグッズ!

スマホの操作で自在に動くボール?

2012.09.19 WED


サイズは直径74mmで重量は168g。スマホから約15m離れても操作が可能で、スピードは3段階調整ができる。対応しているOSは、iOS4.0以上、Android2.2、2.3、3+、3.0+
ガンダムファンにはおなじみの「ハロ」。足元を転げ回る球体のロボットは愛くるしさ満点。おもちゃのようでもあり、またペットのようでもあるロボットですが、子どもの頃に、一度は欲しいと思ったことがあるのでは?

そんなボール型の相棒に憧れたことのある、あなたにオススメしたいのが『Sphero Robotic Ball』。スマートフォンやタブレットを使って操作するリモートコントロールの“ボール型ロボット”です。

大きさはゴルフボールより少し大きい程度。3時間充電すると連続で約1時間動きます。一般的なトイラジコンの連続動作は10分くらいと短いので、長く遊べるのはうれしいポイントです。

充電が終わったら本体を2回振って電源オン。起動サインは緑から青へと変色する光。その後、スマートフォンとBluetoothで接続すれば準備完了。

操作は、iPhoneまたはAndroidのアプリケーションで行います。スマホの画面をなぞると、同じようにボールが床をコロコロ。また、操作方法を変更すると、スマホを傾けるだけでも動かすことが可能です。

ただ動かすのも楽しいのですが、空き缶でボーリングをしたり、ペットとじゃれさせたり自分なりに遊び方を工夫するのも楽しそうです(ただし、ペットに捕まったら壊されてしまうかもしれないのでご注意を)。

また、スマホをゴルフクラブのように振ってボールを動かすゴルフゲームのアプリや、絵や図形を描くと、その線にそってボールが動くアプリなども無料で準備されているので、これらで遊んでもいいでしょう。

ちなみに、マルチカラーLEDを搭載しているので、様々な色に光らせたりすることも可能。暗い部屋で使うと光る球が幻想的に駆け巡る様が楽しめます。
また、コロコロと転がる姿はペット的なかわいさもあります。バーチャル上で動かしているボールが、拡張現実を駆け巡る新しい感覚を味わえるおもちゃです。
(コージー林田)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト