有料に劣らぬ出来をその目で確かめて!

無料電子マンガのクオリティがすごい

2012.09.23 SUN


「無料マンガ―Webtoons―」のアプリ画面。週ごとに更新されるトップページ(左)で読みたいタイトルをタップすると、各話が選べるページ(右)が表示される。運営は広告費でまかない、作家への原稿料はアクセスに応じて支払われる仕組みのようだ。
Webサイトや専用アプリを使って閲覧できる無料の電子マンガが続々とリリースされている。気になるクオリティは、有料マンガと比較しても遜色ないレベル。そこで、注目のアプリやウェブサイトをいくつかピックアップしてみよう。

▼「無料マンガ―Webtoons―」
(http://naverland.naver.jp/?p=6187)
韓国NAVER
韓国で月間約15億PV、読者数1250万人を誇る人気Webマンガサービス「NAVER漫画」の中から作品を厳選。iPhoneとAndroid対応のアプリとして、日本語版がリリースされている。友人の死を巡るサイコホラー『恐怖のミステリー地下鉄』、美しく不気味な森を描く『キスウッド』(完結)など、曜日ごとに約60種類以上のマンガを公開中。

▼「ぽこぽこ-ホメられて伸びるタイプのWeb連載空間」
(http://www.poco2.jp/)
太田出版
読者による作品へのフキダシコメント投稿システムを搭載したWebサイト。“コミック”コーナーでは、『パタリロ』の魔矢峰央さんや『放浪息子』の志村貴子さん、『ウツボラ』の中村明日美子さん、『クレムリン』のカレー沢薫さんらが新作を連載中。もちろん、フキダシを消して純粋に作品だけを楽しむことも可能だ。

▼「ゆるっとcafe」
(http://mangalifewin.takeshobo.co.jp/yurutto/)
竹書房
『本当にあったゆかいな話』シリーズ編集部が運営するWebサイト。『アラサーちゃん』でデビューを飾った峰なゆかさんが連載する『AV女優ちゃん』をはじめ、夫による腐女子嫁の観察日記『くさったよめがあらわれた』、気楽な銭湯ライフを描く『東京23区女ひとり風呂』など、人気のエッセイコミックが並ぶ。

▼「裏サンデー」
(http://urasunday.com/)
小学館
『少年サンデー』編集部が手がける異色のWebサイト。作家陣は、ネットで大人気の『ワンパンマン』のONEさんや『オーシャンまなぶ』の拓須たくすさんなど、「Webで強烈な個性を伸ばしてきた風雲児」たち。平日ほぼ毎日、いずれかの作品の最新話が更新されている。同社が運営する無料コミックサイトには、「クラブサンデー」もある。

このほか、ジャンプ一家の“末っ子”と位置付けられたWebサイト「となりのヤングジャンプ」(集英社)や、マンガでニュースがまるっとわかるスマホアプリ「スマ町銀座商店街~ニュース、はじめました。」(毎日新聞)なども注目だ。

読者にとっては、お得でうれしい無料電子マンガの数々。読書の秋は、いくらでもタダで読める電子マンガの世界に浸ってみては?
(矢口絢葉/ノオト)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト