盛り写メアイコンで女子のフォロワーを増やしたい

奇跡の一枚!男流“盛り写メ”テク

2012.10.16 TUE


左が盛り写メテクを駆使した自画撮り、右が普通に撮影した写メ。光の当たり方と小顔効果で左の方がよりイケメンに! ちなみに表情は口角を軽く上げるくらいがいいそうです
ブログやツイッター、フェイスブックなど、自分の顔写真を公開する機会が増えている昨今。女性の間では、カメラの角度や光の当たり方を巧みに操り、実物以上にかわいく自分撮りする“盛り写メ”テクニックが浸透中だが、男性の技術はまだまだ。

そこで、自分撮り文化が浸透している“ギャル男”の方々に教えを請うことに!『men’s egg』モデルの今福歳生さん、奇跡の一枚をアイコンにしてネット世界でモテるべく(!?)、男流・盛り写メのテクニックを教えてください!

「ボクの場合は、美肌と小顔をポイントに撮影をしていますね。まずは撮る前に、カメラの明るさ設定を+2にしてフラッシュをつけます。そして、蛍光灯になるべく近づくように立って撮影するんですよ。そうすると、光が強く顔に当たり清潔感のある美肌に見えるんです。鏡を顔の下にセットして光を反射させるのもアリですね」

顔に光を集めて美肌男子を目指すことが大切なのか! では、小顔に見せるテクは?

「目線よりも少し上の位置にケータイを構えてアゴを引きます。そうすると、遠近法でレンズに近い目は大きくなり、レンズから遠いアゴ部分はほっそり写るんですよ。あと、顔を左右どちらかに少しだけ振ると、輪郭のラインが強調されてスッキリ見えますね。体の向きは、どちらかの肩を少し後ろに下げてレンズに対してナナメに立つと、スマートな印象になります!」

す、すごい! 確かに、実際に盛り写メテクを使った時(画像左)と普通に撮った写真(画像右)を比べてみると、その違いは一目瞭然! さらに上級者向けのテクニックとしては、デスクのライトだけを残して部屋の照明をすべて消し、スポットライトのように顔だけを照らして撮影すると渋い盛り写メが撮れるとか。 でも…キメ顔の自分の写メをアップすると、なんだかナルシストなヤツだと思われそうで抵抗感が…。

「そういう人は、写真に意味を持たせるといいかもしれませんね。例えば、コーヒーカップを持って写メを撮り『只今残業中』という文章を添えるとか、ボールペンを持って自画撮りして『これ、書き心地最高!』と、商品の情報を伝える写メとしてアップするとか」

なるほど! 確かにこれなら、意味もなく自分の写メを撮るよりは気恥ずかしさがまぎれそう。「盛り写メはノリっしょ!」なんて言われたらどうしようかとドギマギしていたけど、失礼ながら想像以上に本気で勉強になりました! 勇気を出して、まずは試しに撮ってみては?
(木村はだし/short cut)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト