360度広がる赤い大地、800kmの紅葉街道…

世界の紅葉絶景スポットBEST5

2012.11.01 THU


8月下旬からのわずか2週間ほどで、一気に紅葉が訪れるというデナリ国立公園。晴天率が高いこのシーズンは、北米最高峰のマッキンリーを眺めるのにももってこい。冬眠前に活発に餌を探しに出てくる野生動物も見どころだという
写真提供/First Light Associ ated photographers/アフロ
深まりゆく秋。「さて、紅葉狩りへ」なんて風流な方もいるのでは? 紅葉といえばどことなく“和”なイメージだけれど、もちろん日本特有の自然現象というわけではないはず。そこで世界130カ国以上への海外旅行ツアーを手がけるユーラシア旅行社を訪問。世界の紅葉名所を聞いた。

「世界には魅力的な紅葉の名所がたくさんあります。たとえばアラスカのデナリ国立公園は、360度見渡す限りの紅葉が楽しめる場所です。アラスカは永久凍土のツンドラ気候帯で、土地が痩せているためほとんど木が育ちません。植生は苔や地衣類が中心なのですが、これらが一気に色づく紅葉の時期は、大地に赤い絨毯が敷き詰められているかのような圧巻の光景が広がっています。また、全長約800kmにも及ぶカナダのメイプル街道も、赤や黄色に色づいたカエデの木々が美しいエリア。街道きっての景勝地・ローレンシャン高原は人気が高いですね」とは同社営業企画部の坂岸茉莉さん。

360度見渡す限り広がる赤い大地や、800kmにわたる紅葉の道。さすがに世界はスケールが雄大!このほか、黄葉とエメラルドグリーンの湖とのコントラストが美しいプリトヴィッツェ(クロアチア)や石造りの家々が紅葉に包まれるピレネー山脈(フランス・スペイン・アンドラ)。世界第2位の透明度を誇るイシク・クル湖周辺(キルギス)など、世界各地に紅葉絶景が存在するとか。

ところで、世界各国のみなさんも、僕らと同じく紅葉がお好き?

「世界を見渡しても、日本人ほど紅葉に対して思い入れのある国民はいないと思います。旅の記念に真っ赤なメイプルの葉を拾っている日本人を見て『どうして掃除をしているの?』と首をかしげるカナダ人もいましたよ(笑)」(同)

世界には超ド級の紅葉名所があるけれど、海外のみなさんはさほど紅葉狩りに熱心ではない様子。人混みや渋滞を避けて、のんびり紅葉と向き合うなら、海外という選択肢もありかも!
(吉原 徹)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト